投資コラム

僕が使用している証券会社まとめ

投稿日:2016年2月7日 更新日:

僕が使用している証券会社と投資ツールを紹介したと思います。

株・投資信託編

【第1位】楽天証券|業界最安値の手数料と高機能ツール

ある程度資金があるのであれば楽天証券がおすすめです。手数料は業界最安値ですし、ポイントも貯まりますし、北野会長も楽天証券です。使いやすも充実しています。投資信託の「東京案件」も楽天証券にあります。

とにかく無期限空売り銘柄が多いのが嬉しい。

また、楽天証券の取引ツール「Marketspeed」は高機能で使い勝手よく、あのジェイコム男ことカリスマ投資家B・N・F氏も使っています。会社四季報・経済ニュースも豊富です。日経電子版もタダで読めます。

とにかく楽天ポイントがたまるのが嬉しいです。僕は楽天証券以外にも全ての消費サービスを楽天に集中しています。これだけで年間10万ポイント近く貯まります。

またMac派にも嬉しい「MARKETSPEED for Mac」もあり、iphone派にも「iSPEED」とアプリの充実がしっかりです。「MARKETSPEED for Mac」では日経先物・オプション取引はできませんが、iphoneであれば「iSPEED先物」で取引できます。

楽天証券はこちら

【第2位】SBI証券|累投型投信を担保に信用取引ができる唯一の証券会社

手数料は楽天証券とほぼ同等ですが、SBI証券のメリットはなんと言っても、積立投信を担保に信用取引ができることです。

東京案件もあり、無期限空売り銘柄も楽天ほどではありませんが、あります。

SBI証券 はこちら

【第3位】GMOクリック証券|1アカウントで全てのサービスと国内CFDのパイオニア

GMOクリック証券の手数料も業界最安値水準です。株式・先物・オプション・FX・外為オプション・外国株CFD・商品CFDと取引サービスの種類が多いです。一つのアカウントで全てのサービスを使うことができます。

僕は日経225を取引する時もCFDを使います。CFDはほぼ24時間取引できるので、朝起きた時など好きな時に決済ができます。日本市場が休場の場合もポジション操作できます。突発的な値動きにも対応しやすいです。またストップロスが途切れないのも良いところです。

Mac派トレーダーにも使いやすいWEB上ツールです。

GMOクリック証券 はこちら

 

CFD編

【第1位】GMOクリック証券|1アカウントで全てのサービスと国内CFDのパイオニア

CFDであればGMO1択です。

取扱商品数、スプレッド、スワップ、取引時間、どれも最高峰です。国内ではDMMもありますが、どれもGMOにかないません。

僕は日経225を取引する時もCFDを使います。CFDはほぼ24時間取引できるので、朝起きた時など好きな時に決済ができます。日本市場が休場の場合もポジション操作できます。突発的な値動きにも対応しやすいです。またストップロスが途切れないのも良いところです。

Mac派トレーダーにも使いやすいWEB上ツールです。

CFDは他にも海外のXMを使っていましたが、メリットもありますが、XMはデイor短期スイングトレードの人でないと難しいです。スワップ・スプレッドが高く、このデメリットは時間が立てばたつほど大きくなってくるので長期的には使えません。

GMOクリック証券 はこちら

 

 

FX

第1位 ヒロセ通商

スプレッドも狭く、スワップは高い、一番使用している口座です。トレーディングアプリも十分使えます。

スワップポイントが高いので、トルコリラ円メインで使用。

 

第2位 楽天FX

取引に応じて楽天ポイントが溜まり、スプレッドも業界最低水準。

ドル円、ユーロドル、など通常時トレードは楽天FXを使用しています。

 

 

仮想通貨

第1位 CoinCheck(コインチェック)

僕が現在使っている仮想通貨取引所がCoinCheck。仮想通貨の取引量、取扱銘柄、共にNo.1です。

仮想通貨は安全性を第1に考えていますので、取引量No.1は重要なポイントです。

ただコインチェックの場合、スマホアプリだと販売所での取引しかできない点は理解しておく必要があります。

Coincheck(コインチェック)はこちら

 

第2位 bitFlyer(ビットフライヤー)

日本初の国内最大手のビットコイン取引所。2014年に設立された後、リクルート・三菱UFJキャピタル・SBIインベストメントなど大手企業から出資を受けている安心・安全の仮想通貨取引所です。

スマホトレードがメインの方は、ビットフライヤーの方が良いかと思います。

ビットフライヤーであれば、スマホアプリで、販売所・取引所を選んでトレードすることができます。

bitFlyer(ビットフライヤー)はこちら

 

第3位 Zaif(ザイフ)

仮想通貨はCoinCheck、bitFlyer、Zaif、の主要3社を抑えておけば間違いないでしょう。

ザイフでのトレードはほとんど使用したことはありませんが、仮想通貨でのEC決済機能を使っています。仮想通貨EC決済で唯一ビットコインに加え、モナコインでも決済できます。

Zaif(ザイフ)はこちら

 

  • この記事を書いた人

サンジ

1983年生まれ東京都在住、サラリーマン、物販経営者、ブロガー、Webマーケッター、投資家、5つの顔を持つごくごく普通の人。 会社員をもう卒業したいのだけれど「辞めます!」の一言がなかなか言い出せない小心者(笑)

-投資コラム
-

Copyright© サラリーマンセミリタイア戦略|Webと投資で会社員を卒業する方法 , 2018 All Rights Reserved.