物販ノウハウ

ジュエリー販売をコンサルティング|リアルとネットの融合

投稿日:

ジュエリーを販売している個人事業主の方(Sさん)をコンサルティングする機会がありました。

僕はあまりジュエリーをつけないので、正直あまり興味はありません。ですから世の中的にどれほどの需要があるのか疑問でもあります。

そのジュエリーの売上・利益を伸ばすというは僕自身にもきっと良い影響と言うか、良い経験になるだろうと思い引き受けました。

 

Sさんの現状

Sさんは主に音楽イベントへの出店をメインにジュエリーを販売しています。

それとは別にネットショップも持っておりました。無料でネットショップが作れるBASEで。

音楽イベントは温かい時期に開かれることが多く、また雨などの天気などの外部要因での影響も大きく、音楽イベントでの売上には大変ムラがあるとのこと。

またネットショップの販売は現状ほとんど売れていないとのことでした。

 

Sさんの現状からする課題

Sさんの現状は、音楽イベントへの出店によるジュエリー販売が大半占めています。

音楽イベントは野外での開催も多く、収益は季節・天気に影響を受け、音楽イベントの成功性にも多く影響をうけており、安定しない状態です。

 

改善策の提案

収益を安定化させるポイントは「リピーター」を確保・育成すること。

新規顧客だけで収益を安定させようと思ったら、半永久的に新規顧客を確保し続ける施策が必要で費用対効果を考えても非効率的です。

音楽イベントへの出店は、顧客からすれば場所もタイミングも不定期であり、仮にまた買いたい!と思ってもらっても、いつどこに行けばお目当てジュエリーが手に入るのかわかりません。

とするとネットショップを活用できていない部分の改善が必要です。

ネットショップを上手に活用できれば、顧客は欲しいときに欲しいものが手に入ります。

リアルとネットの融合からリピーターを育成・確保する。

これはどの商売をされている方にも有効な手段だと思います。

具体的なアクション

それではリアル(音楽イベントへの出店)をネット(ネットショップ BASE)をどう融合させていくか?

例えば、リアルで売れたら、そのお客様にネットショップの会員(もしくはSNSのフォロワー)になってもらえるようにする。

ネットショップの会員登録は、時間にしたら5分もかかりませんが、大抵の方は面倒くさがり拒否します。

そこで、ネットショップの会員になってくれたら、それ相応の見返りを用意する。

例えば、ネット会員になったら6ヶ月の品質保証をするとか、次回に使えるクーポンを発行するとか、ネット会員になると安く購入できるとか…

ネット会員になってもらえたら、あとはメルマガなどで接点を増やす。

ジュエリー作りへの想いや、顧客がためになる情報、次のイベント出店の情報など…

爆発的に売れるようになるわけではありませんが、これまでリアル(音楽イベントへの出店)の単発売上だけだった収益構造から、少しづつネットリピーターができ、収益源が多様化してくると思います。

 

その他の提案

その他、

  • リアルの重要性について
  • ネットの重要性について
  • ネットからリアルへの導線について
  • ターゲィングについて
  • コンテンツマーケティングについて
  • SEOについて

 

まとめ

その他にも様々な部分をアドバイスさせていただきましたが、良い物さえ作っていれば売れる、という時代は終わりました。

モノで溢れている現在の日本では、良いものどうやって顧客に届けるか?

この部分が上手くできていない人が多いように感じします。

またリアルだけ、ネットだけ、それも大変もったいないですし、リアルとネットを上手く活用している人にはまず勝てません。

リアルとネットの融合が今後もっと重要になってくると思います。

  • この記事を書いた人

サンジ

1983年生まれ東京都在住、サラリーマン、物販経営者、ブロガー、Webマーケッター、投資家、5つの顔を持つごくごく普通の人。 会社員をもう卒業したいのだけれど「辞めます!」の一言がなかなか言い出せない小心者(笑) 2019年4月、16年勤めた会社を「円満退社」。地下ソサエティ シャンパンゴールド メンバー、成功OSシンドロームをインストール中。

-物販ノウハウ

Copyright© サラリーマンセミリタイア戦略|Webと投資で会社員を卒業する方法 , 2019 All Rights Reserved.