トレード日記

どうなる!?利上げ確実視のFOMC

投稿日:

こんばんわ。サンジです。

本日の日経終値は19883円(ー15円)。FOMCを控え特に動きのない展開となりました。

以前ダウは高値を更新し続けていますが、先程21:30の米小売売上高の発表を受けてドル円が109.3円まで下落しています。

しかし日経先物・ダウCFDはほとんど反応していません。

さて、今宵は利上げが確実視されているFOMCですが、利上げは織り込まれているので、利上げペースとバランスシート縮小についての言及に注目が集まっています。

イエレン議長ですから、どちらとも取れる上手な言い回しで無難に通過するのではないかと思います。どちらにしても、いつも通り初動より引けまでの動きに注目します。

僕自身のポジションとしては急落すれば一旦決済。上昇してもカットはせず、ショート追加の場面と想定しています。

あくまでショート戦略という認識で変わりはありません。ダウ・日経の暴落狙いです。

今のダウ上昇には合理的な根拠は見当たらず、世界中の投資家が超低金利時代で投資先がなく、消去法的にダウを買っている状態と思われます。その最たる例がビットコインなどの仮想通貨だと思っています。

今のような状態がずっと続くことは過去ありませんし、仮に合理的なり理由がなく雰囲気で勝ったとしても、それは再現性がなく常勝トレーダーにはなれないと思っています。

「株価はいずれあるべき方向に収束する」と我慢のしどころだと思っています。

  • この記事を書いた人

サンジ

1983年生まれ東京都在住、サラリーマン、物販経営者、ブロガー、Webマーケッター、投資家、5つの顔を持つごくごく普通の人。 会社員をもう卒業したいのだけれど「辞めます!」の一言がなかなか言い出せない小心者(笑)

-トレード日記

Copyright© サラリーマンセミリタイア戦略|Webと投資で会社員を卒業する方法 , 2018 All Rights Reserved.