セミリタリア戦略

働き方改革!iPhoneだけにこだわってきた僕がLTE付きノートPC S11 を購入して感じたメリットデメリット

投稿日:2019年1月21日 更新日:

ノートパソコン持ち歩いていますか?

僕はこれまで、iPhoneだけで全てを済ませたかったので、外出時はビスネス、プライベート、決済、など全てをiPhoneで済ませるようにしノートパソコンは極力持ち歩かず、サラリーマンオフィス(win)と物販経営オフィス(win)と自宅(Mac)、3台のPCを徹底的にクラウド化しました。

で、サラリーマンオフィスのPCと物販経営オフィスのPCはWindowsで、僕の周りはまだまだOffice使ってる人多いんですよね。僕自身もofficeは使いやすいですし、やはりMacでoffice使うよりWinでofficeの使いやすいわけです。

iPhoneも最新の iPhone XS ではありますが、さすがにofficeを編集とか作成になると流石に難しいです。

忙しくなることがわかっていたし、僕ごときではまだまだ 「iPhoneだけで!」など舐めたことを言っている場合じゃないなと、もくもくアウトプットだな、という考えもあり、officeの件もあり、外出時携帯用のPCを購入しました。

購入の際にこだわったポイント

  • とにかく軽いこと
  • メインマシンになる性能
  • LTE機能付き

以上のポイントを重視。候補に上がったのは、サーフェスGO、レノボ X1、レッツノート。

LTE対応で軽くてメインマシンになる性能だと、それだけでなかり絞られ、サーフェスGOはCPUが不安すぎてNG、レッツノートは素晴らしけど高いしダサいのでNG、レノボX1はほぼ完璧でコスパも良いけど14インチは少しデカく中国メーカーなので最後までとても迷いましたが、

最終的には、軽さ重視の SONY VAIO S11 に決めました。

結果から言ってとっても良い買い物をしたと思います。

 

Sony VAIO S11 のメリット、デメリット

働き方改革しようと思い、外に持ち出せるWindows を探しておりました。

僕は、物販経営の現場に立つことはほどんどなく実務はスタッフに任せているので、そんなにやる事が多い訳ではありませんが、外出時の隙間時間を有効活用したいと思いました。

外出が多いビジネスマンの方の為に、Sony VAIO S11 のメリット、デメリットをご報告させて頂きたいと思います。

とにかく軽い

とにかく軽いです。私のS11はLTE搭載のi5なので、約870g。これまで使ってたMac book Airは、約1500g。全然違います。

ただ軽いってだけでいつでも持っていることができるようになりました。デスク、チェア、ソファ、電車、車、カフェ、どこでもいつでもオフィスです。隙間時間を有効に使えるようになりました。

LTE

やっぱLTE対応にこだわってよかった。LTE対応にするとトタンに選択肢が少なくなるので一時は諦めようかと思いました。iPhoneがあればデザリングでネット環境は作れる。でもこの一手間があるかないかで、PCをたちあげようか迷うことが減りました。

S11の立ち上がりも早いし、ネットへの接続スピードはまぁ微妙なのですが、デザリングよりはまぁマシ。

あと、iPhoneの負担が減りました。バッテリーの持ちが良くなりました。それにPC作業しながらIPhone使うことって以外と多いんですよね、じつは。そんな時デザリング状態のiPhoneとそうでないのと当然iPhneへの負担は違うわけで、思わぬメリットがありました。

早い

僕が購入したモデルは、Windows 10 Pro.:Windows 10 Home 64ビット、CPU 第八世代Core i5-8250U(1.6GHz)+メモリー8GB、ストレージ(SSD):第三世代ハイスピードSSD(NVMe対応) 256GB、サクサクです。

指紋認証

一応指紋認証つけましたが、iPhoneの指紋認証のようなスムーズさを感じられていないので、使っていません。PINログインで十分、いらなかったなぁ。

高い

さすがSONY、そこそこします。officeなしでこれで約20万円。ただ3年間の保証と、1年間32GB分の通信費込み、レザーケースと覗き見防止フィルムがついてくるので、総合すると意外とコスパが良いです。

十分メインマシンになる

僕が購入したスペックは第8世代Corei5 CPU、とかなりハイスペック仕様。SONY技術も加わり、素晴らしい操作性です。スペック的には十分メインマシンになります。

ただ画面サイズ・キーボードサイズは小さいので、自宅ではフルサイズのキーボード、マウス、24インチモニターにつないでいます。マウスとキーボードをロジクールにすれば、とっても小さなUSB1つで両方と繋がることができるようになり便利です。

キーボード

キーボードピッチは17mm。一般的なフルサイズキーボード19mmより小さいので、タイピングが不安でした。

まだ購入して1ヶ月ちょっとですが、まぁなんとか慣れます。打込感も良く許容できるレベルです。

トラックパッド

感度はとてもよいです。ボタンが別にある仕様になっていますがコレが慣れないですね。あとサイズが小さい。まぁ11インチなのでしょうがないのですが。「戻る」もできないのが残念。ただ、全体的な操作性は悪くないです。

画質

画面が小さいこともあってか、画質はあまり良いほうではありません。とは言っても24インチディスプレイに繋げて見ても全く違和感はありません。

ただ、一部のアプリケーションでは、文字が粗くなったりします。(例えばEver noteとかGoogle日本語入力とか)

これはかなり残念です。

OS

私はやっぱりWindowsの方が扱いやすいですね。Macのかっこよさに憧れてMacユーザーとなりましたが、Winと併用だとどうしても操作に慣れないですね。

Mac BooK Air は素晴らしい製品でしたが、個人的にはWinに戻してよかったと思っております。

 

まとめ

VAIO S11 本当におススメ。さすがSONY。本気で S13 も欲しい。笑

少し物足りないと思う部分がない訳ではありませんが、そこは軽さコンパクトさを重要視したので、しょうがないですし、結果的に満足しています。

働き方改革したい人、生産性を上げたい人、サラリーマンから起業したい人、は隙間時間も有効に使いたいと思います。

LTEモバイルノートPCでライフスタイル変わりますよ!

  • この記事を書いた人

サンジ

1983年生まれ東京都在住、サラリーマン、物販経営者、ブロガー、Webマーケッター、投資家、5つの顔を持つごくごく普通の人。 会社員をもう卒業したいのだけれど「辞めます!」の一言がなかなか言い出せない小心者(笑)

-セミリタリア戦略

Copyright© サラリーマンセミリタイア戦略|Webと投資で会社員を卒業する方法 , 2019 All Rights Reserved.