トレード日記

【日経居合抜き】レンジ相場

投稿日:2016年6月3日 更新日:

さて、6/3の日経終値は16,642円(+79円)

小反発で引けています。

本日は米利上げを左右する雇用統計です。いつものように発表後の動きに注視します。

今年のここまでの動きを見てみると、2月安値14,800円4月安値15,300円でのダブルボトム、2月高値17,900円4月高値17,800円でのダブルトップと見ることができます。3月5月はその中15,900円〜17,200円ぐらいでのレンジで動いています。

スクリーンショット 2016-06-05 8.21.00

これらの高値・安値近く傾くまでは、じっと我慢します。

6月は1億総活躍プラン等+日銀追加緩和も期待からリスクオンと想定しておりますが、今年の継続した売り圧力により、何かきっかけがあれば、瞬く間にリスクオフの懸念があるため、ロング戦略は基本検討しておりません。

直近でのリスクオフ材料としては、米利上げによるNYダウの折れ・イギリスユーロ離脱・空売り比率が上昇している中国株の暴落といったところでしょうか?

イギリスユーロ離脱派半数越えのニュースが売られている材料と思われます。離脱なしがコンセンサスですが、今年はちょっとしたきっかけで暴落する可能性があるので、注視します。

[wc_row][wc_column size="one-half" position="first"]

スクリーンショット 2016-06-05 9.07.13

[/wc_column][wc_column size="one-half" position="last"]

スクリーンショット 2016-06-05 9.06.47

[/wc_column][/wc_row]

 

主体的売買動向(百万円) 海外投資家 個人投資家
2016年4月 860,417 -694,751
2016年3月 -1,58,826 282,604
2016年2月 -1,998,267 343,552
2016年1月 -1,055,599 797,364

今後の戦略としては、

このまま上昇してくれれば、ショート戦略で今年一番の勝負どころと想定していますが、日経の戻り・ドル円の戻りの弱さを見ても今年継続して「下落圧力」がかかっているのは間違いありません。このまま下がってしまった場合は、状況をみて戦略を検討します。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今迄の僕の戦績は、

8月合計 +316,837円(月利15.84%)
9月合計 +910,654円(月利 45.53%)
10月合計 +699,412円(月利 34.97%)
11月合計 +247,847円(月利 12.39%)
12月合計 +364,053円(月利 18.20%)
1月合計 +278,199円(月利 13.90%)
2月合計 +361,290円(月利 18.06%)
3月合計 +285,293円(月利 14.26%)
4月合計 +253,999円(月利 12.69%)
5月合計 +257,814円(月利12.89%)

6/1水 +4,721円

6/2木 +4,398円

6/3金 0円

6月合計 +9,119円(月利0.45%)
総合計+3,979,735円(総利回り 198.98%)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
いつでもどこでもiPhoneだけで、食べていけるようになる為、東京株式市場から金を抜き取る秘術、北野会長秘伝の株式投資手法「居合抜き」を実践する。さらに伝説の相場師林輝太郎先生の「うねり取り」と鬼才ファンドマネージャー ファン氏の投資分析手法を加え、原資200万円【日経225】1本で、サラリーマン最速セミリタイアを実現する。

  • この記事を書いた人

サンジ

1983年生まれ東京都在住、サラリーマン、物販経営者、ブロガー、Webマーケッター、投資家、5つの顔を持つごくごく普通の人。 会社員をもう卒業したいのだけれど「辞めます!」の一言がなかなか言い出せない小心者(笑)

-トレード日記

Copyright© サラリーマンセミリタイア戦略|Webと投資で会社員を卒業する方法 , 2018 All Rights Reserved.