失敗したこと

パスポートを3日で発行してもらいESTA当日認証したのに飛行機を乗り過ごす大失態

投稿日:

僕はいま、ロサンゼルス行きのフライトを乗り過ごし、仕方なく帰路に向かっている京成スカイライナーの中でこの記事を書いています。

パスポートを無理言って3日で発行してもらったのに…

自分の反省のため、また同じような失敗をしないために、この記事を残しておきます。

取引先 ロサンゼルス 行きが急に決まる

僕の今の物販事業は輸入がメインです。新規メーカーとそこそこ大きめの取引が決まり、新たな製品を仕入れるため、そしてその製品をとある期限までに仕入れたい事情ができたので、急にロサンゼルス行きが決まりました。

しかしその時、パスポートの有効活用切れていることに気付きました!その時がフライトの3日前。

色々調べてみるものの、パスポート発行までは早くて実働6日間はかかるとのことで、早期発行には、「家族が危篤」とか余程の理由がないと難しい、との情報しか出てきません。

正直諦めムードでパスポートセンターに電話。どうしても行かないとビジネスで大きな損失になると、必死に説明しました。

電話に出てくれた担当者が話しがわかる人で本当に良かった。

直ぐに、

  • 取引先とのメール履歴(行かなければならない理由)
  • 現地でのスケジュール表(現地の方に作ってもらう)
  • フライトチケット(E-mail Ticket のプリントアウトでOK)
  • 会社からの出張命令書(自分で自分に)
  • パスポート申請書(ネットからダウンロード)
  • 有効期限切れパスポート
  • 顔写真(パスポートセンターの写真は高い!)

を用意し、有楽町パスポートセンターへ。

有楽町パスポートセンターの担当の方も優しくて助かりました。

なんとかフライト当日の朝9:30に受けれるようにしていただけるとのこと。

感謝しかありません!

当日の朝9:30に無事パスポートを受け取り、そのまま有楽町駅前のスターバックスでESTA申請。

入力に失敗したら間に合わなくなるので、ESTA入力を参考したサイトはこちら

【2019年6月最新】ESTAの簡単な日本語での申請方法を写真つきで解説

申請が許可されるまで72時程度かかるという、ポップアップ画面が表示され、全く落ち着きません。

フライトは18:50。13:00を過ぎてもESTA申請が承認されません。

14時過ぎにESTA申請承認、15:50のスカイライナーに乗って成田空港へ。

フライトまでは割と余裕がある時間に着いたので、ここからなぜか、ホッとしたのか、久しぶりの海外旅行だからか、お土産見たり、食事をしたり、マッタリ成田空港を満喫し始めます。

そして気付いたら、フライト時間の30分前、ダッシュで搭乗ゲートに向かうも、まだ結構距離がある!!

何度もアナウンスされていたらしいのですが、全く気付かず、結局間に合わず、しかもロサンゼルス行きは1日1本で、本日のフライトはもう無いとのこと。

サンジ
……………

5分ぐらい放心状態。

ロス行きは1日1本ということで、また明日の18:50発。

どう考えても、現地の商談に間に合いません。

冷や汗が止まりません、こんなに冷や汗が出て心臓がバクバクしたのは初めてかも。

飛行機に乗っていないのに、出国した状態となり、軽いパニック!

出国キャンセル手続きをしながら、アメリカン航空に電話しながら、最短でロスに行ける方法を探します。

そして、唯一間に合う方法は、これから出張するホノルル行きに飛び乗り、経由で行く方法のみ。

しかし差額が何と35万円!エコノミーの中で一番良い席しか空いていないから、らしい。

サンジ
35万はいくらなんでも…

しかも軽くパニくってる状態で即決しないと間に合わない!

なんか他の代替案はないのか!という興奮をなんとか押さえ込み、代替案を引き出した結果、

翌日、成田からではなく羽田からなら、差額無しで、変更手数料2.5万円で行けると言う。

ただこれでは、商談に3時間遅れで、ようやくロサンゼルス国際空港に到着。

サンジ
究極の選択…

しょうがないよね、追加35万円はないわ、商談を午後に変更してもらおう、いま現地は深夜2時だからその打合せもできないけど、

しょうがない、あとで言おう、現地に3日間いるスケジュール取ってあるからなんとかなるでしょう。

ということで、いまスカイライナーで一旦帰っている途中です。

明日、16:25の羽田発で行きます!

明日は、フライトの2時間前には出国手続きを済ませ、搭乗ゲートの目の前で確実に待つことにします。

教訓

  • パスポートの有効期限を確認すること
  • フライトの最低1週間前にはパスポートを取得すること
  • フライトの72時間まえにはESTA登録を済ませておくこと
  • フライト時刻の最低1時間前には出国手続きを済ませ、搭乗ゲートにいること
  • この記事を書いた人

サンジ

1983年生まれ東京都在住、サラリーマン、物販経営者、ブロガー、Webマーケッター、投資家、5つの顔を持つごくごく普通の人。 会社員をもう卒業したいのだけれど「辞めます!」の一言がなかなか言い出せない小心者(笑) 2019年4月、16年勤めた会社を「円満退社」。地下ソサエティ シャンパンゴールド メンバー、成功OSシンドロームをインストール中。

-失敗したこと

Copyright© サラリーマンセミリタイア戦略|Webと投資で会社員を卒業する方法 , 2019 All Rights Reserved.