73642216 - audit wealth investment finance economy concept

トレード日記

ショートサイドの踏ん張りどころ!

投稿日:

こんばんわ。サラリーマン投資家サンジです。

GW明け本日の日経は、19,895円(+450円)。仏大統領選挙、米雇用統計、北朝鮮緊張緩和を受けてリスクオン。大幅GUから高値引けしています。

僕は、

とツイートした通り、寄りでショート追加エントリーしました。

もう2発程度追加の余力を残していますので、このまま上昇してくれれば、かなり満足なロッドが揃えられると思います。

短期的に強い状態ですので、価格的にはどこまでいくかわかりません。時間的経過を見ながら、追加のタイミングをみていきます。

僕は現状ドル円の動きを最も注視しています。日経やダウなどの指数は、中央銀行マネーで需給が歪められているため、ドル円が最も素直な動きだからです。

仏大統領選明けのドル円の動きをみても、短期的な円売りと中期的なドル安圧力が錯綜している状態と思われます。

指数ほどドル円は上昇していませんし、ドルインデックスはもっと上昇していません。

IMM通過先物からも外資勢はドル売りサイクルに突入していますので、一定期間経過後、円買いの材料が出てくれば、円買い+ドル売りで一気に円高になると想定しています。

 

北朝鮮リスクは収束していませんし(どっちも引くに引けない状態)、トランプ氏の政策実現性も不透明です。

このままずっと上がりつづけることはありません。含み益の外国人は必ずどこかで返済してきます。彼らも利益をあげることが本業ですから、今はそのタイミングを気長に待ちます。

-トレード日記

Copyright© サラリーマンセミリタイア投資戦略 , 2017 AllRights Reserved.