73642216 - audit wealth investment finance economy concept

トレード日記

日経指数は、引き続き戻り売りスタンス

投稿日:

こんばんは。サラリーマン投資家サンジです。

本日の日経は、18,432円(+13円)。18,000円台半ばで膠着状態が続いています。

投資戦略としては引き続き、

戻り売り。

現在のマーケットは、各中央銀行の公的マネーにより株価は歪んだ状態なので、ドル円が最もリスクオンリスクオフに対して素直な反応を示します。

ドル円と合わせドルインデックスも注視すれば、中期的な相場の強弱を見誤ることはないと思います。

ここ数日、ドル円は地政学リスクで下げ、下がったところでは実需の買いが入り値を戻していますが、ドルインデックスからは、ドル安ドレンドへの転換が値動き・チャートから見て取れます。

またIMM通貨先物ポジションからは、ヘッジファンドは円ショート返済サイクルに入っていることが見受けられます。

地政学リスクが落ち着けば一定の戻りの可能性はあるものの、需給的には下落トレンドの入り口であり、ショートサイド有利に変更はなく、何かキッカケがあれば、下落は加速していくことを想定しています。

  • この記事を書いた人

サンジ

1983年生まれ、個人投資家(株・投資信託・CFD・FX・仮想通貨)、物販経営者、ブロガー、サラリーマン。 会社員をもう卒業したいのだけれど「辞めます!」の一言がなかなか言い出せない小心者(笑)

-トレード日記

Copyright© サラリーマンセミリタイア投資戦略 , 2018 All Rights Reserved.