73642216 - audit wealth investment finance economy concept

トレード日記

ドル円110円を割った現状と今後の戦略

投稿日:2017年4月12日 更新日:

こんばんわ。サラリーマン投資家サンジです。

本日の日経終値は、18,552円(ー195円)となりました。またドル円が昨晩110円を割り込み、109円半ばで推移しています。

何度もサポートされていた110円を北朝鮮材料であっという間に割り込み、109円半ばまで早かったです。

多くの個人は110円の強い抵抗でロングし、投げさせたれているでしょう。しかし、僕のブログを見てくれている方にとっては、「やっとか」という感じだと思います。

北朝鮮という大きな材料はあったものの、需給的には時間を追うほど、どんどん売り圧力が増していくのは、先物手口・IMM通貨先物・主体別売買動向等で明白でした。

さて、ここからの戦略ですが、

基本戦略は戻り売り。

との通り、ダウがまだ踏ん張っています。

ですから地政学リスクが落ち着いた場合、まだ一時的に跳ね上がる場面はあると見ています。(だからといってロングはリスクが高すぎると思います。)

ですので、18500円〜19500円のレンジでショートポジションをロールしながら、価格を切り下げていくイメージをしています。

このままレンジでショートを細かく取っていくのも美味しいですね。このままずっと続いて欲しいぐらいです。そんなことはありえませんが(笑)。

大きく追いかけ過ぎると、一時的に跳ね上がった場面で苦しくなるので、深い追いに注意したいところです。機会損失と思われるでしょうが、追いかけ続けていればいつか倍返しを喰らうのが相場というもの。


相場の流れをつかめているのですから、リスクを極力抑え、また次のチャンスを狙えば良いだけです。これができないといつか退場寸前のダメージを食らいますし、常勝トレーダーの掟だと思います。

しかし、いつ暴落しても全く不思議ではないのも事実。自己判断で、最小ロッドを追いかけたり、オプションプットを買うのも、ありだと思います。

  • この記事を書いた人

サンジ

1983年生まれ、個人投資家(株・投資信託・CFD・FX・仮想通貨)、物販経営者、ブロガー、サラリーマン。 会社員をもう卒業したいのだけれど「辞めます!」の一言がなかなか言い出せない小心者(笑)

-トレード日記

Copyright© サラリーマンセミリタイア投資戦略 , 2018 All Rights Reserved.