73642216 - audit wealth investment finance economy concept

トレード日記

強まる売り圧力!

投稿日:

こんばんわ。サラリーマン投資家サンジです。

3/31(金)の日経終値は、18,909円(ー153円)となりました。

とツイートしましたが、引け間際の2時間で+150円からー150円まで実質ー300円売られて引けています。

NYの動きを注目しておりましたが、ー65ドルで引けています。

本格的にロングサイドの返済が始まったのか、単なる年末度のポジション調整なのか、微妙なところです。そのどちらも半々と見るのが合理的だと思います。

どちらにしても売り圧力が日に日に増しているのは間違いなので、4月は新規マネーが入り下落しにくい相場月と言われておりますが、ショートサイドの僕としては比較的優しく美味しい相場月になると想定しています。

主体的売買動向では、外国人が6週連続で売り越し、6週合計で1兆1085億円の大幅売り越し、年初からの累計売り越し額は2兆円を超えています。逆に個人は2週連続で買い越し。

ドル円のロング返済圧力も加わり、もういつ大きな下落が始まってもおかしくない状態との認識です。

トランプ大統領の政策により上昇したところでロングを返済したがっているロングサイドも、もういよいよ時間切れでしょう。トランプ大統領の政策実現性もに日に日に怪しくなっています。

オバマケア法案に続き、メキシコ国境の壁建設も事実上断念。もう買っていける材料はないでしょう。

投資戦略としては、

4月相場スタートの週明け月曜日、ギヤップアップして買われてくれば当然、ショートを打っていきます。

逆に下落していった場合、そのまま追いかけるか?が難しいところです。そのままどんどん下がっていく状態も十分考えられるので、見送りの機会損失の懸念されます。

最小ロッド1枚追いかけながら、もう1枚〜2枚で戻り売りを狙っていくことになりそうです。

  • この記事を書いた人

サンジ

1983年生まれ、個人投資家(株・投資信託・CFD・FX・仮想通貨)、物販経営者、ブロガー、サラリーマン。 会社員をもう卒業したいのだけれど「辞めます!」の一言がなかなか言い出せない小心者(笑)

-トレード日記

Copyright© サラリーマンセミリタイア投資戦略 , 2018 All Rights Reserved.