スクリーンショット 2016-08-28 0.09.12

トレード日記

東芝ショックはきっかけ!?

投稿日:

こんばんは。サラリーマントレーダー サンジです。

本日の日経終値は、19283円-220円。前場から、19500円付近では、一定の売り圧力があることが再認識できました。

東芝ショックはなんら関係ありません。需給的に19500付近では売りたい主体がいるということです。

よって、引き続き、日経、ドル円が高値を更新していくことは、想定外です。

注目のIMM通貨先物ポジションですが、

10/4+68695枚10/11+45909枚

10/18+36991枚

10/25+44595枚

11/1+43160枚

11/8+31956枚

11/15+20676枚

11/22+10900枚

11/29-269枚

12/6 -33937枚

12/13-63432枚

12/20-75449枚

12/27-87009枚

1/3-86764枚

1/10-79839枚

1/17-77830枚

1/24-66840枚

1/31-58331枚

2/7-55060枚

と、最新週でも少額ですが、円ショートの返済は継続されています。

しかし、ダウが完全にブルっているので、円ショート返済という需給だけでは、日経の大きな下落は難しいでしょう。

もう暫しレンジを想定しています。

中国、欧州、トランプとリスクは潜在していますし、日柄的にも、もういつリスクオフになっても、なんら不思議ではありません。

引き続き、最小ロットのショートポジションが合理的だと想定しています。

追加売りのポイントとしては、ドル円115〜116円で1回、高値118.6円でもう一回を想定しています。

ドル円が高値を更新していくことは、想定外ですし、全くリスクを取らない投資はリターンもありません。

価格的には、今週が一つの山場かと思っています。今週のドル円強弱によっては、もう115円をつけないかもしれません。

日柄的には、2月末のトランプ予算教書演説がポイントでしょう。

ここで上昇したところは、絶好の売り時との認識です。

溜まりに溜まったロングの返済による調整もいよいよクライマックスに近づいていると思われます。

  • この記事を書いた人

サンジ

1983年生まれ、個人投資家(株・投資信託・CFD・FX・仮想通貨)、物販経営者、ブロガー、サラリーマン。 会社員をもう卒業したいのだけれど「辞めます!」の一言がなかなか言い出せない小心者(笑)

-トレード日記

Copyright© サラリーマンセミリタイア投資戦略 , 2018 All Rights Reserved.