スクリーンショット 2016-08-28 0.09.12

トレード日記

今の日経は「ドル円」の反転ポイントにだけ注視!

投稿日:

こんばんは。サラリーマン投資家サンジです。

さて、今週1/13の日経終値は19,287円。高値圏での揉み合いが続く週となりました。

今週は1/11のトランプ記者会見が注目でしたが具体的な政策等もなく、トランプラリーももう終盤に近づいていると思われます。日経・ダウ・ドル円の相関性がない動きも多く高値圏のサインとみています。

今はドル円の動きを最も注視しております。トランプラリーの起点はドル高であり、ドル円はリスクオフに最も反応する通貨ペアであるからです。

ショートサイドの僕としては、「溜まっている円ショートの返済タイミングがいつになるか?」が重要との認識です。外国人の円ショートは返済しなければ利益になりませんので、3ヶ月間程度(長くて6ヶ月間)で返済してくると思われます。

今回の円ショートの起点は米大統領11/9ですので、2月上旬で3ヶ月となります。

2月3月には円ショートの返済で、現在のショートポジションは利益になると想定していますが、日経・ダウ・ドルは買いが溜まっている状態ですので、キッカケさえあればいつでもリスクオフになる環境だと思います。

しかし、IMM通貨先物円売りは-86,764枚と売りが積まれた状態ですが、過去最大-120,000枚程度までありましたので、追加売りには時期尚早と判断しています。

チャート形状的にもまだ下落形状にまではなっていませんので、チャートが売り形状になったのを確認してからの追加売りを考えています。

1/20トランプ就任前後に大きく動きだしそうですが、このまま下落しても良いですし、上昇すれば追加売りというポジション状態です。

 

 

【居合抜き戦略】

高値圏と想定、無理せず追いかけ過ぎず、慎重にチビチビ。

【うねり取り戦略】

12/1 18,500円Sエントリー済み。追加エントリーは下チャート形状を確認してからの予定。

エントリー理由

・主体別売買動向外国人2016年売り越し

・ドルインデックス100ポイント乗せ

・人民元・新興国通貨安

初動したショートは、年内に返済したいところですが、遅くてもトランプ就任の1月後半には、収穫したいと思っています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今迄の僕の戦績は、
2015年
8月合計 +316,837円(月利15.84%)
9月合計 +910,654円(月利 45.53%)
10月合計 +699,412円(月利 34.97%)
11月合計 +247,847円(月利 12.39%)
12月合計 +364,053円(月利 18.20%)
2016年
1月合計 +278,199円(月利 13.90%)
2月合計 +361,290円(月利 18.06%)
3月合計 +285,293円(月利 14.26%)
4月合計 +253,999円(月利 12.69%)
5月合計 +257,814円 (月利12.89%)(+184,396+73,418)
6月合計 +198,109円(月利+9.90%)(+159,257+38,852)
7月合計 -211,127円(月利-10.55%)(-308,851+97,704)
8月合計 0円
9月合計 -2,082円
10月合計 +49,064円
11月合計 +18,017円+69,844円
12月合計 +21,714円+10,836円
2017年
1月合計 +82,478円
総合計+3,974,489円+288,572円=+4,263,061円(総利回り+213.15%)

いつでもどこでもiPhoneだけで食べていけるようになる為、東京株式市場から金を抜き取る秘術、北野会長秘伝の株式投資手法「居合抜き」を実践する。さらに現役プロトレーダー相場師朗氏の「うねり取り」を加え、原資200万円【日経225】1本で「億り人」を目指す。僕のような凡人サラリーマン個人投資家でも、しっかりとした投資ロジックさえ身に付ければ結果が出ることを証明していく。

サンジ

  • この記事を書いた人

サンジ

1983年生まれ、個人投資家(株・投資信託・CFD・FX・仮想通貨)、物販経営者、ブロガー、サラリーマン。 会社員をもう卒業したいのだけれど「辞めます!」の一言がなかなか言い出せない小心者(笑)

-トレード日記

Copyright© サラリーマンセミリタイア投資戦略 , 2018 All Rights Reserved.