destination-1285851_640

おすすめの本

思考停止にならない為に最も重要なのはゴール。だがお金のゴールはダメ!

投稿日:2016年5月3日 更新日:

「思考停止という病」(著)苫米地英人 書評

GWで温泉旅行を楽しみながら読書も楽しんでいます。「思考停止という病」を読みました。苫米地英人先生は認知科学者・カーネギメロン大学博士の超天才で多数の著書を執筆しており、その内容は凡人の僕にはどれも難しいですがとても勉強になります。

その中で著者は、

思考停止にならない為に最も重要なことはゴール(夢と言い換えても良い)だ。

とおっしゃっています。

ゴールを設定することで、現状とのギャップにより「問題意識」が生まれ思考が働くようになります。さらに、問題意識を働かせるには知識が必要で、知識には読書が一番良いそうです。人は知っていることしか認識できない為、多くの知識が思考を働かせることに必要になります。いろいろなジャンルの本を読むようにした方が良いそうです。

ゴールはあくまで夢でなくてはならず、現状の最適化ではダメ!

例えば、「今の会社の社長になる」は現状の最適化になり、先入観に囚われてしまい、思考が働らかなくなります。

ゴールは8つ定めます。

  1. 仕事
  2. 健康
  3. 趣味
  4. 障害学習
  5. 家庭
  6. ファイナンス
  7. 地域活動
  8. 社会全体に対する貢献活動

ゴールを定める時の注意ポイントとしては、お金(金額)はダメです。お金のゴールは自己中心的になり、視野が狭くなり、心が寂しくなるからです。お金の問題は「入」と「出」のバランスさえ整えられれば、理論的には資本は無限大です。

僕がこのブログで何度も言っている「10−9=1」の法則さえ身につけることができれば問題ないわけです。セミリタイアには絶対に必要な法則ですし、セミリタイアは「入」の部分をなるべく不労所得に近いものにし、自由な時間を得ようとしているわけです。

僕の今のゴールは「何があってもセミリタイア生活できる状況を手に入れ、それを再現性あるものとしシェアする」ですから、ゴールとしては悪くないと思いますが、セミリタイアだけですとやはり自分本意になりやすいと思いますので、その他のゴール、その先のゴールも定めていきたいと思います。

セミリタイアの先にあるものを描き、実現し、少しでも僕のようなサラリーマン生活に戸惑いを感じている人の刺激になればと思います。

思考停止という病 [ 苫米地英人 ]
価格:1512円(税込、送料無料)

 

-おすすめの本

Copyright© サラリーマンセミリタイア投資戦略 , 2017 AllRights Reserved.