White_Stop_Sign_On_The_Asphalt_Road

勝ち組投資家の心得

投資で勝ちたければ損切り(ロスカット)は絶対ダメ!

投稿日:2016年4月13日 更新日:

投資で勝ちたければ、損切り(ロスカット)は絶対してはいけません。それでは永久に負け組から抜け出すことはできません。損切りはお金のない貧乏人がすることです。負け組マインドです。

あなたが損切りして投げたものを勝ち組富豪投資家が買うのです。あなたが投げるのを待っているのです。

海外投資家(ヘッジファンド)はあなたが投げるのを狙って売り仕掛けしてきます。市場に大量の売り物を出して強引に力技で株価を下げ、あなたに投げさせようとしているのです。ここで投げてしまっては海外投資家の思うツボです。あなたもその他大勢の負け組投資家になってしまうのです。ですから絶対に損切りはダメなのです。

そうは言ってもいくらでもお金も持っているわけではないでしょうから、何より資金管理が大事になります。どんなに下げても耐えれる資金管理が重要になります。

ずっと下げ続ける相場も、ずっと上げ続ける相場もありません。短期でも中期でも長期でも株価というものは必ず上がったり下がったりしています。たいていある程度まで戻ってきますから、やはり資金管理が最重要になります。

投資のセオリーに「損小利大」というものがあります。損という傷口が広がる前に手当てをし、利益を大きく伸ばして刈りとるということですが、これでは勝てません。

エントリーして直ぐにそのまま自分が思った通りになることなんてそんなにあるはずがないです。神様なら別ですが笑。ちょっと逆行したからといって直ぐに損切りして、それを繰り返していては、あっという間に大きな損失になります。そしたらちょっとやそっとの利益では取り戻せなくなって、もっともっと大きな利益を求めるようになり、結局そんな大物狙いが簡単に上手くいくはずがなく、結果退場となります。

損小とは「直ぐに損切りすること」ではありません。直ぐに損切りするのはただ恐怖に負けているだけです。それが狙いなんです。

僕が実践している投資手法はそれらを逆手に取り、損切りをせず小さな勝ちを積み重ねる手法です。損を出さずに小さな勝ちを積み重ねていけば、小さな勝ちも積み重ねれば大きな勝ちになりますので、ちょっとやそっとの損は問題なくなります。

またそうやって相場の経験を積みかせねていく過程で数年に1回来るかどうかの大きな勝ちを取れるようになります。

株式市場は戦場です。自分の身を守ることができる防具もつけずに戦場に行くのは自殺行為です。

-勝ち組投資家の心得

Copyright© サラリーマンセミリタイア投資戦略 , 2017 AllRights Reserved.