53243314 - dividend touchscreen is operated by businessman.

買って良かったもの 松山式投資信託

松山式投資信託であれば毎月5万円で億万長者は目指せる!

投稿日:2016年1月31日 更新日:

僕たちサラリーマンにとって、夢であり目標でもある大台「資産1億円」。

この資産1億円が毎月5万円で目指せると言ったらいかがでしょうか?

今回はその方法をシェアします。

毎月5万円で億万長者になれます!

毎月積み立てで投資信託を買います。銀行に毎月5万円を積み立てても到底億万長者になれません。この超低金利時代に銀行に預けれも、全く増えないどころか、日銀インフレ政策により、現金はその価値が目減りします。

まずは投資家へのファーストステップ、投資信託を買います。「毎月5万円を投資に回すなんて大変だ!」「毎月5万円も投資に回したら生活できない!」「毎月5万円も元本の保証されていない投資信託に投資するなんてできない!」よくわかります。でも私たちサラリーマンの将来はもっと大変です。もっと生活できなくなります。もっと保証されません。もう給料が右肩上がりで、しっかり年金がもらえる昭和の時代ではないのです。そんな甘い時代はもう絶対に来ません。自分の年金は自分で作るしかありません。

私たちサラリーマンが、幸せな将来を築く方法…それは…「金融工学」を駆使する、「複利」の力を利用することです。

金融先進国こそが世界をリードする

なぜアメリカのウォール街のビジネスマンはとんでもない給与なのか?なぜ、香港・シンガポールに莫大なお金持ちが増えているのか?その答えは…「金融」です。金融工学を知らないサラリーマンは、今後もっと日本に失望します。金融工学を身につけたサラリーマンは、「日本という国がとんでもなく素晴らしい国」であることを実感します。

世界的に見れば、日本には十分過ぎるほどの投資環境があります。しかし、先進国で最も日本人が「投資」を生かせていないと言われています。

今すぐ毎月5万円を投資に回す決断をして下さい。そして毎月5万円を投資に廻す為の行動を起こし下さい。ある人はサラリーマンとしての収入アップを目指すかもしれません。ある人は、サラリーマンの副収入を得ることを目指すかもしれません。ある人は、支出を減らす努力を始めるかもしれません。まずはなんでもいいです。なにがなんでも毎月5万円を投資に回す為に、何か一つ行動して下さい。

「複利」を知っていますか?

あの天才科学者アインシュタインが、「人類史上最大の発見は複利の発見だ」という言葉を残しているほど、複利の効果は絶大なのです。

単利運用とは単純に毎月お金を貯めた場合のことを言います。複利運用とは毎月投資したお金から発生するリターン(配当・分配金)を再度投資に廻す(上乗せする)ことを言います。

今回は、単利運用と複利運用で毎月5万円を30年間、運用を比較した場合をシミュレーションしてみます。

スクリーンショット 2016-08-28 19.27.11

上記のグラフは、単利運用で毎月5万円を30年間貯めた場合です。5万円✖️12カ月✖️30年=1800万円です。

スクリーンショット 2016-08-28 19.27.33

それでは複利運用で、投資によって毎年10%づつリターン(配当・分配金)が出て、そのリターンを再投資した場合です。上記グラフは毎月5万円を30年間貯めつつ、毎年10%づつ資産た場合のグラフです。なんと約1億1302万円になります。

「積立年数と金額の推移」のグラフが急上昇していくのがわかっていただけると思います。単利運用と複利運用では、30年間でなんと約9500万円もの差になります。

スクリーンショット 2016-08-28 19.27.56

仮に、毎年15%づつ資産が増えた場合は、な、なんと30年で3億4616万円です。単利運用との差額は約3億2816万円にもなります。これが複利です。複利に勝てるビジネスはありません。

「複利が凄いのはわかったけど、毎年10%・15%づつなんて増えるわけないじゃん!」とお思いのあなた。

それが…あるんです。だから、日本に生まれた私たちは本当に幸せな者なのです。私も最初は、投資信託のリターンは良くて5%ぐらいだと思っていました。実際日本で売れている投資信託のリターンはそんなもんです。だから僕は海外ファンド(海外投資信託)に手を出しました。

イギリスにマン島というところがあります。ここは金融の国で、タックスヘイブン(無税)なのです。また資産の90%を国が補償してくれる国でもあります。この国にハンサードという由緒あり上場している保険会社があります。そこに僕は毎月5万円を積立て、毎年10%以上のリターンを狙っていました。でも、運用を始めて2年ぐらいたったとき、このハンサードとの仲介をしてくれていた、日本の代理店(アブラハムプライベートバンク)が6カ月の業務停止命令をくらいました。

日本の投資信託でセミリタイアを実現している松山さん

ちょうどこの時、海外に投資したことがないという、元大手銀行マンの松山氏と出会いました。松山さんは日本の普通証券会社にある投資信託の配当だけでセミリタイア生活を謳歌している方でした。そして僕はそのリターンの高さに衝撃をうけるのです。また、松山さんの戦略(金融工学)に感激するのです。

僕が元大手銀行マンのMさんに教えてもらった投資信託のリターンは、年率リターンなんと39.9%、18.91%、13.91%です。日本にはこんなリターンの投資信託があるのです。わざわざリスクをとって海外ファンドなんかに投資する必要などありません。日本の大手証券会社にある投資信託ほど安心なものはないと思います。もちろん、いつでも換金して引き出すこともできます。

3つに分散して、リスクをヘッジします。松山さんはもっと多く銘柄に分散しています。世界各国のいろいろな銘柄に投資してリスクを最大限ヘッジしています。世界各国のいろいろな投資信託が同時に紙くずになったら、通貨も同じく紙くずです。それぐらいことが世界で起きたときは、もう諦めましょう笑。3つ合計の平均リターンが 19.93%ですので、これに毎月5万円を積立た場合、18年で1億円達成です。

もちろんこれは、ずっと毎年19.93%の場合ですから、もっと早くに1億円を達成するかもしれないし、もっと遅くなるかもしれません。でも、ただ毎月5万円の貯金だと、1億円貯めるのに167年かかりますから、よっぽどマシかと思います。167年生きている人はいますか?167年間、世界が、日本が、銀行が何もなく無事である保証などありません。よっぽど18年リスクをとって、1億円を目指すほうが、低リスクだと思うのは僕だけでしょか?

松山さん保有銘柄の毎月分配率は約2%!

松山さんが投資している投資信託は平均するとなんと約2%も毎月配当があるので(年間でなく毎月ですよ!)、投資総額が2000万ぐらいになれば、セミリタイア生活が視野に入ってくると思います。2000万なら大変な金額ですけどまだなんとかなりそうな金額ではないでしょうか?

例えば毎月5万円積み立てたとすると、年60万円✖️33.4年で2000万ですが、配当を再投資すれば、

スクリーンショット 2016-03-30 22.35.53

9年3が月で2000万です。贅沢しなければ約10年でセミリタイア生活を手に入れることができます。

ただただサラリーマン生活を耐え抜き定年間際に2000万を貯めたとしても、だた2000万円持っているだけでは、ゆとりあるセミリタイア生活を手に入れることはできません。2000万円は4〜5年で使い果してしまうからです。

 

 

▶︎松山式投資信託 詳しくはこちら

 

54828136 - a businessman in doubt, having to choose between three different choices indicated by arrows pointing in opposite direction concept
東京案件とは?北野会長のポートフォリオ最上位は勝率100%の投資信託!?

様々な投資方法を実践してきた結果、僕が最もおすすめできる投資 ...

続きを見る

 

H_Dollar_Cube_Gift
なぜ10ヶ月で+194.85%?オリジナル特典「サンジ流居合抜き設計図」完全公開

 【 目 次 】 1 「サンジ流居合抜き設計図」を完全公開し ...

続きを見る

 

 

-買って良かったもの, 松山式投資信託

Copyright© サラリーマンセミリタイア投資戦略 , 2017 AllRights Reserved.