IMG_0588

勝ち組投資家の心得

マーケットから退場してしまうトレーダーのたった一つの本当の理由

投稿日:2016年4月2日 更新日:

マーケットから退場してしまうトレーダーのたった一つの理由なんだと思いますか?

これは僕たちトレーダーにとって非常に重要なテーマだと思うので、改めてこのテーマについてまとめてみました。

マーケットから退場してしまう本当の理由

「欲深いこと」

もう、この一言に尽きると思います。

相場に対して無知だとか、資金が甘かったとか、それらしい理由はあるかもしれませんが、結局本質は「欲深過ぎること」だと思います。

ですから、相場をやるということは、自分の欲との戦いとも言うことができます。自分の欲に飲まれてしまえば、途端にマーケットの魔物にどこまでも引きずり込まれてしまうでしょう。

相場というのはどんなに勝率が高くても、ベット金額を増やしていけば、たった1回の負けで全てを失う可能性もあるわけです。

たった1回でも退場してしまえば、再び相場に戻ってくるのは容易ではありません。経済的にも精神的にもかなりのダメージを受けと思います。

前向きに考えれば、「それも経験」と言うことができ、「谷深ければ山高し」ですが、その経験から何も学んでいなければ、また「山高ければ谷深し」で同じことの繰り返すことになりますね。

欲の深いトレーダーは必ず失敗する

僕の永遠のバイブル、マーケットの魔術師から、ブルース・コフナーの経験を紹介します。コフナーのような偉大な投資家であっても、失敗を糧に成長してきたことに励まされます。

ブルース・コフナーがそれまでに積み上げてきた利益の半分を失った取引も、過大な取引だった。小さなポジションで取引することの大切さを彼に教えた。経験の浅いトレーダーの行う取引はどれも大き過ぎると彼は言う。コフナーはこうアドバイスする。

「取引は小さく、小さく、くれぐれも小さく。これくらいの大きさが必要だと思ったら、その半分以下にすることだ。私の経験によれば、経験が浅いトレーダーの取引はあるべきサイズの3倍から5倍だ。1%か2%のリスクしか取れない時に1つの取引で5%から10%の取引をする」

私がインタービューした時、コフナーは過去に30人くらいのトレーダーを教育したが、よいトレーダーになったのはそのうち5人だと言った。そこで、少数のよいトレーダーとそうなれなかった多くの人たちとの違いを質問したところ、よいトレーダーは取引の規模を適正レベルに維持できると、コフナーは強調した。さらに彼は言った。

「欲深いトレーダーは必ず失敗する」

ポジションが大きくなると、危険も大きくなり、取引の意思決定が冷静な判断力と経験とではなく、不安に支配されるようになる。

引用:マーケットの魔術師 エッセンシャル版[ Jack D. Schwager ]

ほんとこの通りですよね。勝ち続けている時も、負け続けている時も熱くなって、どうしてもポジションが大きくなっていきますよね。

そんでそういう時ほど必ず、

「倍返し」

喰らうんですよね。

勝ち続けている時、負け続けている時、そういった時ほど自分のポジション量を少なくする、勝ち組投資家は「全く逆の行動」なんですよね。

勝っている時は、「今勝たなきゃいつ勝つんだ?」とか、「次のチャンスはいつになるかわからない!」など思ってしまいます。しかしこれが負け組投資家の思考ということですね。見直すべきだと思います。

「もう勝ったから十分!」とか、「チャンスはいくらでもある!また次のチャンスを狙う」という思考にならないといけないわけですね。

生き残ることが重要

とにかく生き残ること。

5年10年と生き残れば、自然と相当な実力を養うことができると思います。

最初はなかなか資金が増えないどころか、少しずつ減っていっても、生き残ってさえすれば、必ず勝てるようになります。

なぜなら、大多数の投資家・トレーダーが5年10年でマーケットから去ってしまうから。

-勝ち組投資家の心得

Copyright© サラリーマンセミリタイア投資戦略 , 2017 AllRights Reserved.