deutsche-bank-690675

投資コラム

ドイツ銀行ショック?デフォルトリスクに対する私達個人投資家のスタンス

投稿日:

まずはKBW証券アナリストの分析を紹介します。

KBW証券のアナリスト、フレッド・キャノンに対するCNBCのインタビューを紹介します。

フレッド・キャノン氏はバンク・オブ・アメリカの財務部に長く務めた方で、「冷静かつ斬り込む分析」をする人だというアナリストとして高い評価の人物です。

彼はドイツ銀行(ティッカーシンボル:DB)の今後について質問され、「ドイツ銀行の場合、問題はバランスシートではない」と答えます。そして「今回の危機は、リーマンショックの時の危機とは異なる。今回は、言ってみれば収益性の危機だ」と解説しています。

デリバティブのエクスポージャーについてCNBCのケリー・エヴァンスが質問しますが「デリバティブに関してはどんな尺度を用いて、どんな監督機関のガイドラインを当てはめたところで、適正な範囲内に収まっている」そうです。

もちろん、サブプライム危機の当時、住宅抵当証券の強引な販売を行ったことに対する米国の司法省からの課徴金140億ドル(1兆4000億)の支払いをめぐり、投資家は不安を抱いています。(注:全額払うのではなく、60~80億ドル程度を支払うことになると思います。ドイツ銀はすでに60億ドルの引当金を取ってあります)

その場合でも、バランスシートはOKだろうというのがフレッド氏の考え方です。

むしろドイツ銀行は今、ぜんぜん利益が出せない体質になっているし、将来、何に収益源を求めるかも手探り状態であり、ドイツ銀行の株はそれを嫌気してずるずる安値を更新しており、こんなに株価が安くなると株式の発行による増資は株主利益の希釈化が激しくなってしまうので出来ない……それが問題というわけです。

先週末、ドイツのメルケル首相が「ドイツ銀行を救済する考えはない」と発言したのはドイツの有権者やEUの他の国に対して配慮した発言だと思います。ドイツでは来年、連邦議会選挙があります。またギリシャ、アイルランドなどの国々の銀行セクターが危機に瀕した際、ドイツはそれらの国に厳しい注文を付けました。その行きがかり上、自分の国の銀行だけを甘やかすわけにはゆかないのです。

しかし本当にドイツ銀行が潰れそうになったら(=その確率は、せいぜい10~20%だと思います)ドイツ政府はためらわずドイツ銀行に資金注入するはずです。(同様の事は、イギリスの銀行でも起こりました)

さらに言えば欧州中央銀行(ECB)は現在、銀行の社債を買い入れ対象から除外していますが、これを含めることにより支援するという手もあります。あと噂としてはJPモルガンがドイツ銀行を救済買収するという観測も出ています。

私達個人投資家がするべきことはアナリストの分析を調べる事、ニュースを血眼で追う事ではない

上記で、著名なアナリストのドイツ銀行に対する分析を紹介しました。「ドイツ銀行の潰れる確率は10%〜20%」のようです。

しかし私達個人投資家がするべき事は、ドイツ銀行が潰れる可能性を予測する事でも当てる事でもありません。

必要なのは、

「起こり得る確率は10%に満たないが、起こった時に起こり得る状況を想定する事」

です。

世界経済では、起こる確率が10%に満たない事が、しばしば起こるのです。リーマン・ブラザーズが破綻する前、その確率は何%だったでしょうか?

今回ドイツ銀行が破綻するかは私たちにはわかりませんし、知る由もありません。しかし起こった時に全てを失うような状況であれば、今回はうまくいってもいつか市場から退場することになります。

私たちはニュースや予測しても無駄なことを追うのではなく、

「相場を動かしている主体」

の意図を読むことに注力すべきです。

-投資コラム

Copyright© サラリーマンセミリタイア投資戦略 , 2017 AllRights Reserved.