man-871960_640

個人投資家研究

必見!BNF氏の「乖離率」逆張り投資手法。これで貴方も200億神トレーダー?

投稿日:2016年9月10日 更新日:

現物株のみで資産を8年で200億円にしたBNFさんの「乖離率逆張り投資法」。

今回はその「乖離率逆張り投資法」を詳しくひも解いてみたいと思います。

まずはBNF氏のパフォーマンスとその時代の日経チャートを確認

スクリーンショット 2017-03-12 10.01.08

上チャートは、1995年から2012年の日経平均株価指数の月足チャートです。

チャートを見ると、BNF氏が株式投資を始めた2000年から約3年に渡りとても大きな下げ相場になっているのがわかると思います。

2000年4月の高値20,833円から2003年4月の安値7, 603円3年でなんと13,230円の下落という超強烈な下落トレンドです。

BNF氏資産 日経平均
2000年 164万円 4月ITバブル崩壊高値20,833円から下落トレンド入り
2001年 6,100万円 9月日米同時多発テロ
2002年 9,600万円
2003年 2億7,000万円 4月安値7,608円から上昇トレンド入り
2004年 11億5,000万円
2005年 80億円 8月郵政解散後上昇トレンド加速
2006年 157億円
2007年 185億円 7月高値18,262円から下落トレンド入り
2008年 210億円 9月リーマンショック

普通の投資家であれば最初の3年の超下落相場で退場になっていると思いますが、BNFさんは164万円でトレードを始め、約8年で200億円を突破しています(しかも現物買いのみ!)。

改めて見ても資産の増え方が半端じゃないです。一体どんなトレードをしたらこのようなパフォーマンスになるのでしょうか。早速見ていきましょう。

天才トレーダーBNF氏の投資手法を紐解いてみる

BNF氏の「2ちゃんねる」書き込みから、その投資手法を紐解いてみます。

36 :B・N・F ◆mKx8G6UMYQ :04/03/06 02:49 ID:kyul+4/n>33

別に嫉妬とかやっかみだなんて思わないですよ。証拠を見せたわけではないので疑うのは当然だと思います。
私が180万から1億にする過程ではすごい下げ相場でしたが現物のみの短期の逆張りで簡単に儲かりました。というのは私は逆張りが好きで株は逆張りが有利だと思っているからです。

その理由は、例えば短期筋が順張りする場合(この話の短期は一泊二日長くて二泊三日の短期です)、その株が動意づく前に買ってた人をとすると、その株を常に監視して上がり出す雰囲気を感じてまだ大して上がってない時に、勇気出して買う人をとして、その後完全に上がり出したのを確認してその株が次の日も、上がると思って買う人を、その日の高値で買う人をとすると、大体そういう動意づいた株のその日の出来高の推移を見ると3~4の間での出来高が多い気がします。

そして次の日、買い気配で始まればその寄りで買う人を、寄った後に更にそれより高値で買う人をとすると短期のつもりで3~4の間で買った人は良くての人に売って利益を出すって感じですが、これではで買った人の膨大な利益には到底及びません。しかし、の段階で買ってる人は長期の人でしょうから、資金効率的なリスクを負っているので短期のつもりで3~4の間で買う人の投資方法も、の人と比べて悪いわけではないでしょう。一泊二日の短期での順張りでは到底の段階で買うことは難しく、コツコツ細かい利益を積み重ねる感じになる気がします。細かい利益と言っても1%~6%ぐらいはいける気がしますが。

一方、一泊二日の短期の逆張りに目をやると過去の25日移動平均線から何パーセント乖離したところで株は反発するのか?相場の雰囲気がいいから乖離が浅めでも反発するんじゃないか?相場の雰囲気が悪いから今回の乖離は相当きついところまでいくんじゃないか?出来高はどうか?ボリンジャーバンド的にはどうか?などを考慮して底を見極め買うことができれば一泊二日の短期なのに短期売買での順張りでは買うことの難しい動意づく前の水準であるの段階と同等の水準で買うことができるのです。底打ったかな~?ぐらいで買う人は、短期の順張りで言えばの人ぐらいで完全に底打ってから買う人は短期の順張りでは3~4の人に相当すると思います。私は一泊二日の短期なのに短期の順張りでのの水準で買えるおいしい相場が下げ相場だと思っているので下げ相場でも上げ相場でも現物だけでもいいかなぁって感じです。

落ちてるナイフは危険じゃんという意見もあるでしょうが、前の日までのマイナス乖離のきつい株が当日もそれなりのマイナスである場面で、自分のテクニカルの判断で反発すると思ってる株を買ってもその日、そこから更に下落するのは余地は少なくなり、上がりそうもなければさっさと損切ればいいわけです。私の感覚ではただでも乖離のきつい株がダウやナスの下げなどで朝から結構売られてれば、そこで買っても損切り早ければそんなにリスクを感じません。むしろ短期の順張りでのの水準で買えるかもとわくわくします。

こんな感じで180万から1億までは逆張りで儲けた比率がかなり高いです。そこからは去年の上げ相場でアホになって順張りして儲けた感じですね。ってもそれまで逆張りで儲けてきたのでかなりビビリ捲くりの順張りでしたから利益率はそれほどよくないです。

以上を整理すると、トレードを始めた2000年から2002年の下げ相場では、短期(1泊2日から長くて2泊3日)の逆張り、2003年から2004年の上げ相場では、順張りということがわかります。

また、BNF氏が逆張りする際に見ているポイントは、

①25日移動平均線からの乖離率

②相場の雰囲気

③出来高

④ボリンジャーバンド

などを考慮し、完全な底を見極めエントリーするという手法になります。

トレードを始めて1・2年(しかも下落トレンドの中で)で、完全な底を見極める手法を自己流に身につけています。まさに天才です。

さらにその手法を深掘る

もう一つ、トレードに関する書き込みを紹介します。

815 :B・N・F◆mKx8G6UMYQ :04/04/18 23:40 ID:pWLdl/2A

じゃあこっちで説明しますね。まずどうして一発当てるとか、ナンピンとか一回でも失敗したら終わりという話になるのか分からないです。短期の逆張りの短期の意味を理解してるんでしょうか?

この短期投資で使うのは当然日足です。01年でも02年でも過去の下げのきつい株の日足を見てもらえば分かりますが株というのは一直線では下がりません。下がる過程でほとんどの場合短期の反発があるんです。それは個別株のそれぞれ特徴によって違いますが25日移動平均線からの乖離率、ボリュームレシオ、RSI、ボリンジャーバンドなどからある程度反発するパターンがあります。

これらの満たしただでも反発するパターンに入ってる下げのきつい株が、アメリカ市場などの下げで朝安く始まるとします。その安い場面で買った株がその日そこからさらにガンガン売られる可能性は低くなります。しかしゼロではありませんし、更に売り込まれる可能性もあるでしょう。

その場合その日も安値圏で引けて次の日も下がりそうならその日の内に損切りされるのは当然です。しかし損失は朝の安い場面で買った株なのでそれほど膨らみませんし次の日も安く始まればまた買いますし、上がってしまえばあきらめればいいでしょう思惑通り反発すれば1~2日で7~12%ぐらいは楽にいけましたよ。

大きく当てるというのは1銘柄で倍狙いの長期投資の逆張りの事でしょうか?それなら、ナンピンやら一回でも失敗したら終わりという理論も分かりますが短期の逆張りなのでそういうことはないですよ。大きく当てたといえば01年の12月の低位株の大暴落時のリバウンド狙いですね。

この時は11月の末時3500万円ぐらいの資産が12月の終わりに一気に6000万円台まで増えました。25日移動平均線からの乖離率ランキングで30%以上乖離した株が多数あり中には60%以上乖離してる株も何個かありました。クラリオンとか福島銀行、住友重機械工業とかかなりの銘柄が暴落してたんでなに買っても儲かる感じでしたよ。

その時の地合い(雰囲気)を感じながらも、25日移動平均線からの乖離率・ボリュームレシオ・RSI・ボリンシャーバンドなどのテクニカルチャートを意識していることがわかります。その中でも乖離率についてこんな書き込みを残しています

812 :B・N・F ◆mKx8G6UMYQ :04/10/03 16:40:18 ID:IdmbGKeE>>774

短期の逆張りで重要なのは乖離率だと思います。乖離率がきつければきついほど反発しやすくなるのは当然ですが、その時の地合によって買うべき乖離率の水準はだいぶ違ってきます。01年や02年の相場では25日移動平均線からのマイナス乖離が最低20%安心して買えるのは35%以上の乖離率という感じでした。35%乖離した株を買い反発したところで売りその段階でその株の乖離率は15%前後になりしばらくするとまた30%以上の乖離率の水準まで落ちてまた反発狙いで買いの繰り返しでした。短期の逆張り専門の人には天国のような相場だったと思います。

しかし、去年後半から今年の今現在までの相場にかけては15%も乖離したら反発しちゃうって感じでした。というより、乖離率を見て逆張りすべき場面すら余りなかったです。新興市場などできついマイナス乖離をする場面は何回かありましたが、2年前3年前と比べると地合が良すぎて東証一部の株で30%以上乖離している株がうじゃうじゃあるような状態は、あまり記憶にありませんね。その時の地合に合わせてどの程度の乖離率で株が反発するのかを自分の相場観にしたがって判断していけばいいと思います。

上記から、BNF氏が25日移動平均線からの乖離率で資産を築いた内容が伺えます。

BNF氏の損切りについて

よく損切りを失敗するパターンとして、自分が買った銘柄やセクターだけ下げるというときがあります。今回のリバではうまく金融セクターを初動で持ち越せたなら問題はありませんが金融セクターの初動時点ではディフェンシブ・資源・内需関連などはまだ下げ続けていました。そんな場合でも迷わず損切りします。

結果的に出遅れで上昇することもあるのですが、それは今回のような強い上昇のときだけで下げ相場では特定のテーマ株だけ一時的に買われても、それ以外の銘柄には資金が回って来ずにダラダラ下げ続けるということもよくあります。

自分の資金が少ないならばそういった銘柄をいつまでも持って資金拘束されるよりも上昇していく銘柄に乗り換えた方が資金効率がイイと思います。もちろん初動は逃すことになりますから持ち越しには十分注意し出来高が直近最高値をつけたような日にはもう相場が過熟していることが多く含み損益にかかわらず、手仕舞いする方がリスクが小さいように思います。

私はその株が上がると思って買っているのではなく移動平均線の乖離からその相場や銘柄に応じて買いが入る可能性が高い乖離位置で買い。強いならば持ち続けるだけであって(ここが買いで勝てるかどうかにおける最大の運の要素だと思います。)どのような相場においてもそこからどちらに動くのかは正直わかりません。

しかし徹底的に損切りできれば下落のリスクもさほど感じません新興市場のような値動きの速い銘柄は別ですが・・・。とにかく下げ相場ではコツコツ負けてドカンと勝つという感じで私は資産を増やしました。

上がるか下がるか予想するのではなく、乖離率から需給判断をしていると思われます。乖離位置で、買いが入る確率が高いと思われる時に買い、買いが入らなければ、迷わず損切りといった手法です。このスタイルを始めて数年でできているとこが凄過ぎです。

トレード銘柄と頻度について

銘柄と頻度については下記の書き込みがあります。

719 :B・N・F◆mKx8G6UMYQ :04/04/04 17:56 ID:cIC9Gmav

すいません。3月は1日平均70回以上のペースでした。しかも、デイトレは買った後弱くなった銘柄などの損切りぐらいでほとんどスイングばかりでこれです。すいません。一日30~50銘柄ぐらい持ち越して次の日の朝っぱら利益確定or損切りしてまたその日強い株探して持ち越して次の日、利益確定or損切りの繰り返しでした。

三月は相場が良かった影響か、平気で2億円~3億円持ち越してたんですけど、次の日、持ち越し株全体で数百万利益が乗った場面で一度手仕舞わないでいられるほど精神力が強くないのと、最近は順張りの持ち越しが多いので勢いある内に手仕舞って他の順張りできる株探すって感じだったんで一度以上売買した銘柄数は250銘柄以上になりました。とにかく流動性ある株は新興市場でもボロ株でもハイテクでも金融株でも重厚長大産業の株でもファンダ気にせずなんでも買う人なんで売買した銘柄数も売買回数も多くなりがちです。

三月はほとんど休みなくこっちのセクターがふいたり、あっちのセクターがふいたりボロ株がふいたり、新興市場がふいたりで付いていくだけで大変で、すごい疲れ長く感じた月でした。まあ、今みたいに30~50銘柄平気で持ち越して2億円~3億円平気で持ち越す売買のスタイルが下げ相場で通用するとは思ってないんですが、今の相場は下手糞に徹した方が儲かる事が良く感じがするので自分であまりよい取引スタイルじゃないかもなと思いつつ下手糞売買に徹して儲けてる感じですね。

株の恐さ分かってるうまい人ほどこの相場には中途半端にしか乗れてないかもしれませんね。アホになった方がいい時にはアホになって株の恐さ知ってるうまい人だけが儲かる相場になったら今の取引スタイルはやめた方がいいかなと思ってます。長文すいません。

1日に30〜50日銘柄も持ち越しているということは、もっと多くの銘柄を取引していたと思われます。扱う銘柄は「なんでも」のようです。

まとめ

BNF氏の投資手法をまとめると、

・現物株買いのみ

・短期トレード(1泊2日、もしくは2泊3日)

・下げ相場では逆張り、上げ相場では順張り

・25日移動平均との乖離率をメインとしたテクニカル

・その時の地合いにより、大底(抵抗・反発ライン)を判断

・想定通りでなければ、迷わず損切り

・流動性があればどの銘柄も取引対象

書き込みにもありますが、トレードスタイルについてはその時の地合いに合わせて変化しているようです。しかし、現物買いが基本で2000年から2003年の大下落相場でここまで資金を増やしたBNFさんまさに天才です。

BNFさん曰く短期逆張りは下げ相場の方が儲けられると言っています。

BNFさんのように専業でないと銘柄の選定に時間をかけることが難しいですが、BNFさんのトレードスタイルは一泊二日から1週間程度のスイングトレードですから、僕たちサラリーマンには決して無理な方法ではないかもしれません。

関連記事

▶︎伝説の株式トレーダーBNF(ジェイコム男)さんの投資経歴・相場名言まとめ

▶︎ジェイコム男ことBNF氏の給料明細・投資経歴・手法知りたくないですか?

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-05-21-54-59

 

-個人投資家研究

Copyright© サラリーマンセミリタイア投資戦略 , 2017 AllRights Reserved.