man-871960_640

個人投資家研究 BNFさん

伝説の株式トレーダーBNF(ジェイコム男)さんの投資経歴・相場名言まとめ

投稿日:2017年2月12日 更新日:

あなたはBNFさんを知っていますか?

もはや生きる伝説となった株式投資家(トレーダー)。メディア・ネット上から姿を消し早数年が経ちますが、いまだに熱狂的ファン・崇拝者が多く存在する天才投資家です。

B・N・Fさんは1978年(昭和53年3月5日)生まれ。本名は非公開ながらインターネット上で検索すればすぐに小手川隆さんとわかります。B・N・Fというニックネームはご自身が2ちゃんねるで使用していたハンドルネームです。

その名を轟かすきっかけ(ジェイコム株大量誤発注事件、わずか16分で20億円の利益を上げ、一躍有名人となった)から、世間一般的には「ジェイコム男」の呼び名の方が有名かもしれませんが、ネット上では通常「BNF」さんと呼ばれます。

 【 目 次 】 

BNFさんの投資経歴

それでは早速、わずか9年で100万円台を200億円以上にした経歴をみてみましょう。

【2000年】株式投資スタート

「1998年、NHKスペシャル「マネー革命」を観て、海外投資家が個人で凄い金額を稼いでいるのに衝撃を受けました。その後、『これから株が上がる』という景気のいい見出しの本を立ち読みして株をやってみようと思った。

最初は郵便のバイトやお年玉などで貰った百数十万円が元手でした。」

以下、引用:2ch

2000年10月、お年玉とバイトで貯めた原資164万円で株式投資をスタートし、2ヶ月後の2000年末には279万円にします。

2000年当時はネットによる株トレードが始まったばかり、参考になるような情報は少なかったでのBNFさんはとにかく画面に張り付き独自のトレードスタイル構築を目指したそうです。

最初の保有株は富士ソフトABCと愛眼を長期保有。しかし「ITバブル崩壊」により株価が乱高下。1日から数日で決済するスイングトレードの方が儲かるのでは?と上記2銘柄を売却し短期売買に転向。

「数百万の時は1銘柄か2銘柄しか買わないで大胆そのものでした。」

「3000万ぐらいまでは余り分散してなかったですね。」

 

【2001年】資産を20倍の6100万円

資産を20倍の6100万円にまで増幅させることに成功した「伝説が始まった年」。

独自のトレード手法を確立し、大きな下げ相場(ITバブル崩壊)ながらも、驚異的パフォーマンスを残す「乖離率逆張り投資法」を確立する。

急激な下げの後のリバウンド(上昇)を取るトレード方法。当時は、クラリオン・住友重工・ミノルタなど下げの激しい銘柄を選び資産を6100万円にする。

「2001年の12月に低位株が大暴落してリバウンド取りで資産が3000万円台から6000万円台に一気に増えんたんですが、一気に6000万円台まで増えたせいで、すぐにはあまり分散投資しないで大胆に取引してた。資産の乱高下が激しくなって分散投資の大事さを思い知って、それからは余り1銘柄2銘柄に資金を集中させるという大胆な取引はしなくなりましたね。」

【2002年】相場の転換点に苦戦

相場の転換期に苦戦。資産の増加も停滞し、

「親に就職を進められ、資産も伸びず精神的に厳しかった。」

と後に語っている年。

2002年は、序盤に日経平均が上昇、5月には資産が1億円を突破するが、後半にかけて一気に下落。

独自に確立した下げ相場での「乖離率逆張りスイングトレード」が通用しない場面も多く、非常に苦戦し8000万円台を低迷する。

後半の下げ相場で、大手銀行株など、当時下げがきつかった銘柄を選んで逆張りに成功し、再び巻き返し始めるが、9600万円止まり。

『乖離率逆張りスイングトレード』とは、

『25日移動平均線乖離率という指標を見て、マイナスに大きく乖離している銘柄を買い、そして買った銘柄が乖離率0%に戻っていく過程で売る』方法のこと。

【2003年】トレードスタイルを進化させ2億円へ

トレード手法が進化。東証1部の大型株や新興市場株の相場上昇に乗り、2億円近い利益を得る。

日経平均は7000円台をつけるほど下がり続け、世間は不安一色となったが、BNF氏はその後の上昇を見て「ここが底」と判断。

手法を上げ相場の「順張りスイングトレード」に変更した。その相場観が成功し、東証1部の大型株や新興市場株の相場上昇に乗り2億円近い利益を得る。

『順張りスイングトレード』とは、

『相場の雰囲気を読み連れ高銘柄を狙う。まず値動きが似ているグループ株を抑えておく。グループ株は1つの銘柄が上りだすと他の銘柄も上りだすことが多く、これをいわゆる連れ高・もしくは連れ高現象と呼ぶ。日経平均株価が上りだすと鉄鋼なら前兆としてどれかが上げはじめる。上がっていない銘柄があればそれに買いを入れる。また日経平均先物が急騰したら日経平均に連れ高する主力株を買い、急落したら主力株を売る。』方法のこと。

【2004年】10億円突破!

「大型株の動きがあまりよくなくなってきたので、仕手っぽい株や、フィディック・タカラバイオなどのIPO銘柄など個別に盛りあがっている株を中心に売買しました。」

資金の巨額化い合わせた巧みな銘柄選定で躍進。2004年の日経平均は横ばいながら、BNF氏は「順張りスイングトレード」を洗練し、コンスタントに数億円の巨額利益を得る。

その結果10億円近い利益を得た。

「アホになった方がいい時にはアホになって」

「ほどんどスイングばかり。一日30~50銘柄ぐらい持ち越して次の日朝利益確定or損切り。またその日強い株を探して持ち越して次の日、利益確定or損切りの繰り返し。次の日、勢いある内に手仕舞って他の順張りできる株探すって感じ。

流動性ある株はファンダ気にせずなんでも買う。3月はほどんど休みなく大変で、すごい疲れ長く感じた月でした。2億円〜3億円平気で持ち越すスタイルが下げ相場で通用するとは思っていない。

今の相場は下手糞に徹した方が儲かる感じがする株の怖さを分かっている上手い人ほどこの相場には中途半端にしか乗れない。アホになった方がいい時にはアホに。」

 

「+180万円 資産457,900,000。今日で勝ち負けの報告は最後にしたいと思います。

勝ち負けスレに書き込むことは自分に厳しくなるという面でプラスだと思いますが、相場に対する集中力が非常に大事なので、勝ち負けの報告以外で神経をすり減らすのはマイナスだと判断。

みなさまどうもありがとうございました。これからも頑張ってください。」

【2005年】ジェイコム株で100億円の大台へ

日経平均急上昇とジェイコム株で遂に大台へ!

2005年の夏以降、日経平均は急上昇。その上昇を支えたのは住友金属など彼が保有している大型株。これにより、7月には約42億円、8月には48億円、9月には68億円と資産が急増していく。

ジェイコム株を買う12月には約80億円に達していた。

そのほか、シンワアートオークションなどIPO銘柄の利益もあり、年末までには資産が100億円を突破した。

「週末資産1,393,800,000。

今日の持ち越し銘柄、日本配合飼料、東洋製糖、塩水港製糖、宇部興産、双日ホールディングス、旭化成、セプテーニ、オリコン、オープンループ、富士興産、三菱マテリアル、古河金属工業、日本製箔、オーエム製作所、加地テック、船井電機、石川島播磨重工業、第一興商、ルシアン、ルック、東都水産、ダイエー、みずほ信託、エリアリング、サンフロンティア不動産、メガブレーン」

 

「月曜+1690万 火曜+940万 水曜-1190万 木曜+860万 金曜+2520万 週末資産=1,787,100,000

今週は厳しかった。02年後半の相場思い出した。出来高減ると、今の資金じゃどうにもならなそう。あらためて相場環境のおかげで、勝てていると実感しました。 今週も乙でした。」

【2006年】ジェイコム事件で一躍有名人

2005年12月8日みずほ証券ジェイコム株誤発注に便乗し、16分間で20億円ことがニュースになり、一躍有名人となり取材が殺到する。

 

【2007年】さらにテレビ取材が殺到

さらに資産を伸ばしづづけるBNF氏にテレビ局・メディアの取材が殺到する。

BNF氏:大体こんな感じで今日は下がってるんで、もう今日は取り戻せないですね。まあ、この証券会社(楽天証券)に預けているのが75億で、この証券会社の分で損した分が1億ってことですね。

記者:今日一日でですか?

BNF氏:1億円損したところですね。

記者:別の証券会社でも?

BNF氏:他の証券会社でも1億くらい損しているので合計2億円くらい今日は損しました。今日はけっこう特別な感じですね。だから2億ですんでよかったって感じですね、自分の中では。下手すると、ほんともう2、3億損しておかしくなかったんで。

報道ステーションより引用

2007年に先物口座を開設。

【2008年】資産200億円を突破し不動産投資へ

日経平均株価がバブル後最安値を更新した2008年(平成20年)10月、資産を210億に増やした。10月には、秋葉原駅前のの商業ビル「チョムチョム秋葉原」の所有権を90億円程度で取得した。転売や賃料収入に期待しているわけではなく、資産分散が目的としている。

 

 

【2011年】2棟目の不動産

敷地面積800平方メートル、商業ビル「AKIBAカルチャーズZONE」を推定170億円で購入。(2007年まで同ビルを所有していたラオックスは約60億円で売却している)これにより、以前購入した「チョムチョム秋葉原」と合わせて不動産の資産だけで260億円に達した。

【2013年】3棟目の不動産

3件目の不動産投資。渋谷にビルを建てる。渋谷センター街の入り口から150mほど入った交差点の角地。全国的にも有名なセンター街のど真ん中とも言える場所で、渋谷駅から徒歩3~5分程度の土地。

【2014年】1500万円のふるさと納税

2014年12月26日の朝日新聞電子版の報道により、ふるさと納税で三重県伊賀市に1500万円の寄付を行い、500万円の寄付による純金手裏剣(24金で30万~40万円相当)3枚分を返礼として受け取ることが判明。

 

【2015年】4棟目?の不動産投資

川口駅前にビルを建設。

136 名前:天然水[] 投稿日:2015/10/29(木) 12:42:49.69 ID:J/0Ma8zB0 昨日道あるいてたらBNFの建設中の不動産みつけたは。。 pic.twitter.com/xE6vN08emD

【川口駅前のBNFビル建設予定地に自転車で】自宅から片道50分かけ川口駅前のBNFビル建設予定地まで自転車で旅に出て見学。縦に細長い土地でそんなには大きくない。細かい場所を言うとまずいですが繁華街のど真ん中で超超一等地

2015年の持ち株は?

2015年には複数の企業の大株主であることが判明。

・【3199】綿半ホールディングス 400,000株

・【3688】VOYAGE GROUP 520,000株

・【7215】ファルテック 211,500株

・【8585】オリエントコーポレーション 10,000,000株

・【3760】ケイブ 第2位の大株主

 

BNFさんの一日のスケジュールとは?

BNFさんの1日のスケジュール(平日)は、

・8:15  起床・銘柄チェック

・9:00  前場の取引

・11:00 銘柄チェック

・11:30 昼食

・12:00 銘柄チェック

・12:30 後場の取引

・15:00 銘柄チェック

・16:00 散歩・夕食・テレビ鑑賞

・26:00 就寝

銘柄チェックに多くの時間をかけています。

 

BNFさんのトレード環境とは?

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-19-22-02-32

トレーダーにとって生命線とも言えるトレード環境。写真右がBNFさん。ちなみに左がCISさんです。

・PC : eMachines 3台

・モニタ : シャープTFT液晶17インチ6台(下段黒3台(メイン)、上段白3台)

・ツール : 楽天証券マーケットスピード

・TV : 薄型液晶

・その他 : 電波時計

 

BNFさんの相場名言

先物相場は、日経平均の動きに先だって動く

先物相場は、日経平均の動きに先だって動くため「非常に利用価値が高い」。先物が急騰したら日経平均に連れ高する主力株を買い、下落したら売り、で間違いない。

「どちらかといえば、先物が動いた瞬間、どれだけ早く反応できるかの勝負。」注文を出す場面になると「考えるより先に手が動く。それほど反射的なんです。」

 

逆張り派を止めたい方に。

逆張り派を止めたい方に、

↓全てを満たした翌日買いでプラスになったのは5日後の50.81%だけであとの日は全てマイナス。

1)ボリュームレシオ(9)が-60以下

2)リスク度(9)が10以下

3)究極のオシレータ(7)が30以下

4)ストキャスティクス%D(9)が10以下

5)相対力指数(シビア)(14)が20以下

6)相対力指数(ルーズ)(14)が30以下

7)サイコロジカルライン(12)が25以下

8)順位相関係数(12)が-85以下

9)価格位置(15)が10以下

 

短期の逆張りで重要なのは乖離率

短期の逆張りで重要なのは乖離率だと思います。

乖離率がきつければきついほど反発しやすくなるのは、その時の地合によって買うべき乖離率の水準はだいぶ違ってきます。01年や02年の相場では、25日移動平均線からのマイナス乖離が最低20%、安心して買えるのは35%以上の乖離率という感じでした。短期の逆張り専門の人には天国のような相場だったと思います。

しかし、去年後半から今年の今現在までの相場にかけては15%も乖離したら反発しちゃうって感じでした。その時の地合に合わせてどの程度の乖離率で株が反発するのかを自分の相場観にしたがって判断していけばいいと思います。

 

チャートは極力単純な方がいい

結局、株は上がるか下がるかだけ。チャートは極力単純な方がいいと思います。

結局、株は上がるか下がるかだけの話なので複雑にチャート分析しても単純にチャート分析しても上がるか下がるかの予想が付けばそれでいいのです。むしろ複雑にチャート分析をしすぎてこっちの指標的には買いだけどこっちの指標的には微妙なんだよなぁという状態になり買い場を逃すようなことになっては本末転倒だと思います。

それなら単純なチャート分析の単純な買いパターンに入っている株を探すのに集中した方がいいと思います。

 

株で重要な要素の一つは銘柄の視野の広さ

単純なパターンに入っている株をいかに多く見つけられるか。結局、複雑にチャート分析しても単純にチャート分析しても銘柄の視野が狭ければ有効利用はできないからです。

まったく同じ実力のAさんとBさんがいたとしてAさんには10銘柄しか取引可能な銘柄がなくてBさんには100銘柄取引可能な銘柄があるとしたら、おそらくBさんの方が1年後資産を増やしているのではないでしょうか?

チャート分析上、上がるか下がるかのパターンは意外と単純でその単純なパターンに入っている株をいかに多く見つけられるかが重要だと思います。

 

自分より少し資産が多いライバルがいた方が楽しい

抜いたり抜かれたりしながら切磋琢磨できたらマジたのしい。抜いたり抜かれたりしながら磋琢磨できたらマジたのしいのに。自分より少し資産が多いライバルがいた方が楽しいからね。

 

デイトレの才能がある人はデイトレしていればいい

デイトレで資産築いている人はすごいと思いますよ。デイトレの才能がある人はデイトレしていればいいと思います。持ち越した銘柄の手仕舞い+新たな銘柄探し+買った銘柄の監視で デイトレできないです。

今の資産だとデイトレは 資金効率悪くなりそう。デイトレのつもりで買うとすぐ手仕舞いたくなるんで私の実力では多くても1日500万抜ければいいぐらいだと思います。

デイトレで資産築いている人はすごいと思いますよ。

 

自分で這い上がってこないやつに、情報を提供することが不快だよ。

勝ってる奴ほど晒す情報は少ない。

自分で這い上がってこないやつに、情報を提供すること自体が不快だよ。

報告スレ見てもわかるが、勝ってる奴ほど晒す情報は少ない。逆に下手なやつほど、何をいくらで買ったなど詳細を話す。

手数料など考えると厳密な意味ではゼロサムゲームじゃないが、原則的にはゼロサムゲームで獲物が減れば、獲物は取りにくくなる。
負組は何をケチなことを思うかもしれないが、勝組はパイが減るから余計なことはしゃべらないでくれというのが本音だよ。

 

株の手法は人それぞれの性格によって合う合わないがある

自分の性格に合ってない投資方法を実行したら損するだけだ。

株の手法は人それぞれの性格によって合う合わないがあると思います。そもそも今儲かってる手法がそんなにいい手法かどうかは 私にはまだ分からないです。下げ相場で 今の手法をやったら儲かっても少しでリスクの方が高いかもしれません。

相場環境が変われば長期・短期どちらのスタンスが 正しいともいえないと思います。アメリカ株を見てると思うのは、日本株と大して動き変わらなくないか? ってことですね。

だから私が少し手法を書いても別に相場の動きは変わらないと思います。自分の性格に合ってない投資方法を実行したらその人が損するだけだ。

 

様子見タイム作ればいいのかなぁ。

時間帯によって特徴を考えながら 売買するのがいいYO。

午前10時までの値動きに一喜一憂して順張りしすぎなのかな。デイトレのつもりで朝の値動きにフォース感じて順張りするのなら 分かるけど。

朝の値動きに感じたフォースが1日中続けばいいけど本当にその日の大きな流れが分かり出すのはもう少し後のような気もするし。

要は様子見タイム作ればいいのかなぁ。俺も朝の値動きに一喜一憂するタイプ なんで人のこと言えないけど。時間帯によっての値動きの特徴を考慮しながら 売買するのがいいような気がするYO。

 

理性と本能の利点をうまく使いこなすのがいいんだろうけど

マケスピ見てると本能で売買しちゃいがち。

理性では分かっててもマケスピ見てるとなんか本能で売買しちゃいがちなんだよね。場中の強い場面でそのこと忘れて本能で買っちゃう。

買った途端こうなったら開き直って持ち越しだって感じでその晩のナスの動き見て買う気なかったのに と夜中後悔して、去年はなんかそれで儲かっちゃたからそれがいい売買法に思える って感じなのかなぁ。

理性と本能の利点をうまく使いこなすのがいいんだろうけどマケスピ見てるとなんか本能で飛びついちゃうんだよなぁ。

去年はこれで儲かったから悪いわけじゃないんだろうけど弱い相場の時は理性を重要視した方が大損回避できる気がする。

 

昼休みは上がる株は逃すまいと必死ですね。

流動性があって上がりそうな株なら なんでも買いますね。

常に見てる株はありますがあまりこだわらず、場中と昼休みに買える株を大体60ぐらい をピックアップ。

昨日まで見てもいなかったような株を 監視ですね。流動性があって上がりそうな株なら なんでも買いますね。上がってる株ばかり上がる地合なんで 昼休みは上がる株は逃すまいと必死ですね。

 

成行は使わない

相場全体の気配値からその株がどれぐらいで寄るか予想成行は使わない。

1円台から499円までは朝買い気配、売り気配で寄らない場合は 気配値5円づつ動きますよね。

寄り前の気配値、前日のアメリカ市場、相場全体の気配値からどれぐらいで寄るか予想つくこの株10円高で寄るな と思えば9円高の値段で指値して5円安で寄ってしかも寄り天っぽいなと思えば6円安で指値するって感じですね。

下がり出してから売り出すとやばい。だから今の地合じゃなきゃこんな取引通用しないような気がします。

 

私は流動性さえあればなんでも買いますね

東証一部で売り板、買い板両方とも10万株以上並んでるような株が 一番好きですね。

朝一旦利食って一時ノーポジになりました。その後買って持ち越した株の損益は含み益の株、含み損の株で大体トントンですね。前日比では大体+2250万円位ですが、税金分を引いて+2010万円で報告しました。

昨日は新興がやたら強かったんでそれに合わせて新興市場の株を多く持ち越しましたが私は流動性さえあればなんでも買いますね。昔からそのスタイルです。

 

つねに株の恐さを頭に入れながらやってるんで

含み益が乗らないと買い増やさない。

私の場合買いたい株がいっぱいあっても 最初から全財産を投入するわけじゃなくて、最初に 2億円分買った後、下がりそうもない場合にもう1億円他の株を買い 更に含み益が出たらもう1億円出下値リスク少なそうな株を探して買う感じ。

こういうスタンスでやってきたんで銘柄の視野はかなり 広くなりました。

つねに株の恐さを頭に入れながらやってるんで自然にこういうスタイルに なったって感じですね。含み益が乗らないと買い増やさないんで 見た目ほどリスク少ない取引なんですけどね。

 

ダメなら損切ればいい

私は逆張りが好きで有利だと思っている。

短期筋が順張りする前に買ってた人を1
その株を上がってない時買う人を2
完全に上がり出して買う人を3
高値で買う人を4とする

3~4で買った人は1で買った人の利益には及びません。しかし、3~4で買う人も悪くはない。

短期の順張りは1で買うことは難しく利益を積み重ねる感じになる。一方、底の見極めができれば1と同等の水準で買える。
底打ち前で買う人は、2
完全に底打ってから買う人は3~4
短期の順張りでの1の水準で買えるおいしい相場が下げ相場だと思う。

マイナスである場面で更に下落する余地は少なく、ダメなら損切ればいい

関連記事

▶︎必見!BNF氏の「乖離率」逆張り投資手法。これで貴方も200億神トレーダー?

▶︎ジェイコム男ことBNF氏の給料明細・投資経歴・手法知りたくないですか?

 

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-05-21-54-59

-個人投資家研究, BNFさん

Copyright© サラリーマンセミリタイア投資戦略 , 2017 AllRights Reserved.