entrepreneur-1103717_640

おすすめの本

いつ会社を辞めても困らない「太い収入」の作り方| BIGtomorrowレビュー

投稿日:2016年9月16日 更新日:

BIGtomorrow10月号 いつ会社を辞めても困らない「太い仕組み」の作り方 を購入

BIGtomorrow10月号【いつ会社を辞めても困らない「太い仕組み」の作り方】が面白そうでしたので、購入してみました。

まずは、幾つかのアンケートを紹介します。

【ビジネスマン300人(男240人、女60)アンケート】※年齢30代・40代を中心に幅広く、年収400〜600万円を中心に幅広く。

Q1.会社を辞めたいと思う?

A1.よく思うが23%、時々思うが51%、思わないが26%

Q2.会社をやめたい理由は?

A2.人間関係54人、給料が安い45人、やりがいがない29人

Q3.やめたくてもやめられない理由は?

A3.生活のため64人、次の仕事がない48人、家族のため34人

Q4.お金を増やす努力は?(投資や副業をやっている?)

A4.やっている27%、やっていない67%、以前はやっていたが今はやっていない6%

引用:BIGtomorrow

会社をやめたいと思う人が「時々思う」まで含めると74%という結果に。やはりかなりの人が辞めたいと思うようです。思わない人が26%もいるのがちょっと驚きです。よほど良い会社なのでしょうか。因みに私は、「時々思う」です。

投資や副業をやっていない人と以前はやっていたが今はやっていない人の合計が73%というのも驚きです。意外と皆さん何もしていなんですね。会社が厳しい?やり方がわからない?めんどくさい?リスクが怖い?………のでしょうか?意外です。

副業を容認する大手企業が増えている

私は全く知りませんでしが、副業を容認する大手企業が増えているとのことです。ロート製薬・富士通・日産自動車・キャノン・花王・ブリジストン・デンソー・東芝・リクルート、などの一流企業が副業OKになっているようです。

時代の変化を感じます。日本はまだまだ終身雇用制度の国とはいえ、会社も社員を抱え続けることを保証できないということでしょうか。個人のスキルアップを期待しているのかもしれませんが、会社側のリスクヘッジの側面が強いように思えます。

ますます、「自分の身は自分で守る」という原理原則が加速しそうです。

「会社をやめても困らないお金の仕組み」を手に入れたサラリーマンを紹介

今回のBIGtomorrowでは「会社をやめても困らないお金の仕組み」を手に入れた、1名の現役サラリーマン、2名の元サラリーマン、8名のエリート社員、合計11名の事例が紹介されています。

このうち何と株式・投資信託で成功されている方が5名もいます。その他には不動産投資で成功されている方が3名、せどり・転売です。成功されている方が3名となっています。

以上から株式・投資信託への投資は忙しいサラリーマンでも容易に始めることができ、再現性の高い方法と言えそうです。投資手法は、積立投信・中長期バリュー日本株・アメリカ株・先物・RITE投信、等みなさん様々のようです。

FXで財を築きた人の紹介が無かったのが意外でした。当サイトも基本FXは推奨していませんが、大きく儲けてもいつか飛ばすのがFXという認識です。雑誌やインターネットの広告がFXだけらなのも、それだけ業者が儲けているということでしょう。

やはり、しっかり長く続けていける王道的な方法がいいんじゃないかと思います。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-11-10-42-11

BIG tomorrow 2016年10月号【電子書籍】[ BIG tomorrow編集部 ]

    発売日: 2016年08月25日
出版社: 青春出版社

サイズ: A4変

-おすすめの本

Copyright© サラリーマンセミリタイア投資戦略 , 2017 AllRights Reserved.