IMG_6958

トレード日記

2016年4月【松山式】毎月分配型投資信託実績

投稿日:2016年5月4日 更新日:

毎月分配型投信今月の実績は?

僕の保有する投資信託は北野会長より授かった、「特別な案件」

①日本株新興国通貨建て系
②日本株系
③アメリカリート新興国通貨建て系
④グローバルリート系
毎月分配型投信信託4本です。

2016年4月の実績は、

時価評価額は1,745,360円

評価損益ー611,735円(ー25.95%)

配当・分配金57,574円(2.44%)

IMG_6961

となりました。

日本株と新興国通貨建ての投信が多い為、大きな含み損となっていますが、、2015年4月から投資しているので、もう今の含み損分ぐらいは配当・分配金を受け取ったことになります。今月の配当は純然たる利益になります。

評価額も配当も少し下がりましたが、まぁそのうち戻ってくると思うので気長に保有していきます。

その間毎月約2%以上の配当が入ってくるので、毎月分配型投資信託はいくらでも持っていることができます。

投資信託と現物株は資産です。

ただ持っているだけで利益が生まれるので、いくら下がっても構いません。

下がって安くなったら買い増していけばいいんです。このスタンスが重要です。上がっても下がってもいい投資をする。これが大事です。

だから最初に一杯購入してはいけません。含み損が大きくなる可能性がありますから。僕は正直最初に大きめに買ってしまったのでやや失敗です。これはどんな投資も同じだと思います。

投信は自動積立設定ができるのがいいところだと思います。僕は毎月積立ドルコストで5万円買い増ししています。これにより一喜一憂することなく、投資に専念することができます。

さらにトレード(居合抜き・株式うねり抜き)での稼ぎで安くなったところを買い増ししています。

日経225を「売り」で稼いだ時は、投信も下がっており安く買えます。僕のようなベア型投資家は投信との相性がとてもいいです。

チビチビ買い増し、投資額が2,000万円ぐらいになれば、もし万が一サラリーマンとしての収入がなくなっても、毎月の配当だけでセミリタイア生活が実現可能です。

-トレード日記

Copyright© サラリーマンセミリタイア投資戦略 , 2017 AllRights Reserved.