トレード日記

2016年3月【松山式】毎月分配型投資信託実績

投稿日:2016年4月3日 更新日:

僕の保有する投資信託は北野会長より授かった、「特別な案件

  • ①日本株新興国通貨建て系
  • ②日本株系
  • ③アメリカリート新興国通貨建て系
  • ④グローバルリート系

毎月分配型投信信託4本です。

2016年3月の実績は、

時価評価額は1,775,951円

評価損益ー588,504円(ー24.88%)

配当・分配金73,582円(3.11%)

IMG_6915

となりました。

日本株と新興国通貨建ての投信が多い為、大きな含み損となっていますが、2015年4月から投資しているので、もう今の含み損分ぐらいは配当・分配金を受け取ったことになります。今月の配当はなんと3.11%となりました。

基準価格はそのうち戻ってくると思うので気長に保有していきます。

その間毎月約2〜3%の配当が入ってくるので、毎月分配型投資信託はいくらでも持っていることができます。

投資信託と現物株は資産です。資産とは保有しているだけで自分への収入を生み出してくれるものです。

ですから投資信託はただ持っているだけで利益が生まれるので、いくら下がっていいのです。

下がって安くなったら買い増していけばいい。このスタンスが重要です。

だから最初に一杯購入してはいけません。含み損が大きくなる可能性があります。僕は正直最初に大きめに買ってしまったのでやや失敗です。

僕は毎月積立ドルコストで5万円買い増しています。

さらにトレード(株式居合抜き・うねり抜き)での稼ぎで安くなったところを買い増ししています。

日経225を「売り」で稼いだ時は、投信も下がっており安く買えます。

チビチビ買い増し、投資額が2,000万円ぐらいになれば、毎月の配当だけでのセミリタイア生活も実現できそうです。

▶︎【松山式】毎月分配型投資信託でセミリタイアはこちら

  • この記事を書いた人

サンジ

1983年生まれ東京都在住、サラリーマン、物販経営者、ブロガー、Webマーケッター、投資家、5つの顔を持つごくごく普通の人。 会社員をもう卒業したいのだけれど「辞めます!」の一言がなかなか言い出せない小心者(笑)

-トレード日記

Copyright© サラリーマンセミリタイア戦略|Webと投資で会社員を卒業する方法 , 2018 All Rights Reserved.