img_6949-1

トレード日記

油断出来ず!

投稿日:2016年1月13日 更新日:

いつでもどこでもiPhoneだけで、食べていけるようになる為、東京株式市場から金を抜き取る秘術某投資家秘伝「株式居合抜き」をベースに、伝説の相場師林輝太郎先生の「うねり取り」を加えた、「株式うねり抜き」に全力を尽くすことにした。さらに、日々のポジショニングと資金管理は、富裕層専属プロトレーダーの高額有料メルマガを参考している。チャイナショックの翌日8/25火から、原資200万円 日経225 1本で、サラリーマン大富豪を目指す。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

さて、本日の日経は大幅な上昇となりました。
大きく買いが入り高値引けしていますが、

ボラリティが大きくなっている局面ですから、

まだ底打ちと決めつけるのも時期尚早かと思います。

金曜日の米雇用統計は好結果で、

初動で+200円となりましたが、

そこから倍返しで、CME引値は17265円となりました。

初動から全戻しはよくあるにしても、倍返しは、

かなり「下落圧力」が強いと見ています。

悪ニュースが続いており、

中国景気減速

地政学リスク

原油安

北朝鮮水素爆発

等が株安の原因として挙げられていますが、

悪ニュースはあくまできっかけで、

ベースとなる「下落圧力」が、

株安の本当の原因です。

事実、上昇圧力がかかっている時は、

悪ニュースに市場は反応しません。

ですからベースが今、

下落圧力なのか?上昇圧力なのか?

この見極めができていないと、ニュースに振り回されてしまいます。

根本は、

FOMC「利上げ」となり7年間に及ぶFRBのQE終焉で、

この7年間で約3倍になったNYダウの溜まったロングポジションの返済、

リスクマネーの巻き戻し、

による「下落圧力」と思われます。

また、昨年のヘッジファンド成績不振も

リスクマネー収縮に拍車をかけています。

よって、僕は基本「ショート戦略」をとっています。

以上から、

今年の最重要ポイントは、日銀・ECBの追加緩和があるか?

だと思っています。

追加緩和だけが唯一のリスクマネー増加となりますので、

この見極めに注視して行きます。

大納会から、約▲1,800円下げてきましたが、

まだセリングクライマックスを確認できていません。

セリングクライマックスしたところは買い場と想定していますが、

それまでは、理由のない大きな値動き(±2000円程度まである?)が予想されますので、

LOOK(見てるだけ)の「損をしない戦略」がベストかと思います。

焦らず、無理せず、

セリングクライマックスしても大丈夫なように資金管理しながら、

少しづつ少しずつ買いポジョンを仕込んで行きます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今迄の僕の戦績は、

8月合計 +316,837円(月利15.84%)

9月合計+910,654円(月利 45.53%)

10月合計 +699,412円(月利 34.97%)

11月合計 +247,847円(月利 12.39%)

12月合計 +364,053円(月利 18.20%)

1/4月 +54,995円

1/5火 +22,770円

1/6水 +8,245円

1/7木 +22,525円

1/8金 +24,973円

1/11月 +29,468円

1/12火 +22,323円

12/13水 +3,246円←ナイトセッション途中

1月合計 +188,545円(月利 9.42%)

総合計+2,718,348円(総利回り 135.91%)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【秘密の自己規律三箇条】

①◯ったら必ず死ぬ

②とにかく回転、即◯◯

③常に◯◯っても◯◯っても良い状態

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

  • この記事を書いた人

サンジ

1983年生まれ、個人投資家(株・投資信託・CFD・FX・仮想通貨)、物販経営者、ブロガー、サラリーマン。 会社員をもう卒業したいのだけれど「辞めます!」の一言がなかなか言い出せない小心者(笑)

-トレード日記

Copyright© サラリーマンセミリタイア投資戦略 , 2017 All Rights Reserved.